ページの本文へ

Hitachi

日立物流

包装ソリューション

包装ソリューションメインビジュアル

私たち日立物流グループの包装ソリューションは、包装設計や作業、資材調達に至るまで、包装に関するさまざまなお客さまニーズに的確にお応えします。

これは、長年にわたり日立グループ製品の包装設計を担うことで磨き上げてきた独自の豊富なノウハウと、当社テクニカルセンタにおける研究開発に裏打ちされるものです。

千葉県松戸市にあるテクニカルセンタは、物流に関わる評価設備と計測機器を保有し、適正包装を実現するための各種試験に対応する包装技術専門の当社施設です。輸送中に発生するハザードの再現シミュレーションも可能で、定量的な蓄積データおよび評価試験に基づいた最適な包装ソリューションを提案いたします。

包装ソリューションの3つのポイント

最適包装

最適包装

製品の形態と品質(耐水・耐湿性、耐錆性、耐温度性、危険性、強度)にはじまり、流通環境(輸送経路、保管状態、気象条件)、包装方法の作業性・経済性、解体にいたるまで、トータルでの最適包装を提案します。

特殊な包装設計

特殊な包装設計

許容衝撃値内に抑える緩衝設計、共振域を避ける防振設計、輸送中に許容温度帯を守る定温包装、法規制に準拠する危険物包装、繰り返しのリユースに耐える通い箱など、幅広く対応します。

テクニカルセンタ

テクニカルセンタ

お客さまのさまざまな要件に合わせた各種試験をワンストップで提供することで、効率的に検証を行い、改善につなげられます。

包装ソリューションの詳細

包装設計、試作、評価試験、資材調達まで、すべての包装業務をアウトソーシングいただくことで、お客さまはコア事業に専念することができます。

包装ソリューションの詳細

具体的には、適正包装の検討・設計フロー「包装5−STEP」に準拠して、(1)製品強度把握(3)物流環境データ(4)包装材データから(2)包装設計・包装材を開発し、(6)流通環境を想定した(5)包装試験・輸送試験での定量的な評価により、最適な包装設計を提供いたします。

適正包装の検討・設計フロー

適正包装の検討・設計フロ

物流環境ではさまざまなストレスが加わります。そのストレスのせいで、せっかくの製品が物流段階において傷ついたり、品質が落ちたりしては、顧客満足と経営効率に悪影響が出かねません。だからこそ、事前に物流環境を分析し、その環境でも製品を守る包装を実施することが重要なのです。日立物流は、常に適正包装を心がけ、お客さまの大切な製品を守ります。

包装ソリューションのサービス事例

モーダルシフト達成への技術支援

精密機器の輸送モード切替えによる品質懸念を排除すべく、国内鉄道輸送にあった包装試験条件を策定し、それに耐えうる包装設計対応を行いました。
モーダルシフト(鉄道輸送への切替え)を達成し、お客さまのCSR対応及び輸送費低減に寄与しました。

1.鉄道輸送環境計測
1.鉄道輸送環境計測

2.試験機用プログラムの作成
2.試験機用プログラムの作成

3.実輸送試験、荷姿改良
3.実輸送試験、荷姿改良

4.鉄道輸送プログラムでの包装試験
4.鉄道輸送プログラムでの包装試験

海外包装仕様の改善

従来の海外の一般段ボールは日本のものより強度が弱く、段積みした際の最下段箱へのダメージが多発している状況でした。
そこで、当社のテクニカルセンタにて海外製のL紙管材の圧縮強度確認試験を行い、十分に現行の海外段ボールを補強可能であると確認し、箱内部四隅に配置することでダメージを撲滅しました。

改善前(最下段海外製段ボール)

改善前
(最下段海外製段ボール)

L紙管材の圧縮試験

L紙管材の圧縮試験

改善後(内部四隅にL紙管材配置)

改善後
(内部四隅にL紙管材配置)

建材輸送・保管用リターナブルパレットの開発

これまでの建材用パレットは、高さが変えられないことによる積載効率の悪さ、折り畳み不可、バラ部品発生による保管効率・管理が問題となっていました。使用時の高さを可変にしたこと、バラ部品の使用を徹底排除したことにより、作業性・機能性・効率性を追求しました。

改善前
改善前

改善後
改善後

定温箱の開発

医薬品輸送等で欠かせない定温箱を開発致しました。
40℃/90%RHの環境に定温箱を置き、箱内部を計測した結果、許容温度帯(2~8℃)を24時間保持することに成功しました。

定温箱内
定温箱内

試験結果
試験結果

お問い合わせ先

お問い合わせ、お見積もりなどお気軽にご相談ください。

お問い合わせ先

営業統括本部
ロジスティクスソリューション開発本部
ロジスティクステクノロジー部
テクニカルセンタグループ
Tel:03-6263-2832受付時間:9:00-17:30(土・日・祝日除く)

Webサイトからのお問い合わせは

関連情報もご覧ください