ページの本文へ

Hitachi

日立物流

事業‧業界を超え、 物流は新領域へLOGISTEED

日立物流がめざす
「LOGISTEED」

LOGISTEED

物流領域を超えて、オープンな協創を加速させる、
イノベーションを起こす結節点となる。

お客さまの多様な物流ニーズにワンストップでお応えする「スマートロジスティクス」をコアにしながら、物流を新たな領域へと進化させるビジネスコンセプト「LOGISTEED(ロジスティード)」。
モノを運ぶだけの物流から、コトを起こすソリューションへ。
⽇⽴物流はめざす未来に向かって、動き始めています。
ここでは、積極的にDXを推進して実現した、さまざまな協創イノベーションの事例をご紹介しましょう。

物流は新領域へ LOGISTEED

⽇⽴物流のブランドスローガン「未知に挑む。」を実現するための
ビジネスコンセプト「LOGISTEED」とは?

「LOGISTEED」とは、「LOGISTICS(物流)」に「Exceed(超える)」、「Proceed(進む)」、「Succeed(成功する)」を加え、それらを「Speed(スピード)」をもって実⾏するという意思が込められた造語。物流はあらゆるところに存在しています。グローバル化が進み、EC市場が拡⼤を続ける中、顧客ニーズは⾼度化‧多様化し、物流企業への期待は増⼤。⼀⽅で、⼈⼿不⾜などの社会問題を抱え、物流業界は刻⼀刻と変化しています。広範囲に広がりを⾒せる物流業界において、事業‧業界を超えたパートナー企業と新たなソリューションを⽣み出し、これまでの物流の枠にとらわれないサービス価値を提供すること。それが、⽇⽴物流がめざす「LOGISTEED」です。
「LOGISTEED」を体感できる施設と⽇⽴物流のソリューションサービスなど「LOGISTEED CAFÉ」サイトで紹介しています。

協創パートナーとの
オープンイノベーションで
挑む物流の新たな可能性
「LOGISTEED」によりサステナブルな
社会の実現に貢献。

  • スマートウエアハウス

    スマートウエアハウス

    自動化されたシェアリング倉庫の提供で、ますます拡大し続けるEC需要に貢献します。

  • SCDOS

    SCDOS

    物流現場のノウハウとデジタルプラットフォームを駆使して、サプライチェーンを変革します。

  • SSCV

    SSCV

    デジタルテクノロジーとオープンな協創を通じて、輸送事業をアップデート。
    現場発想のサービスで輸送と社会をよりよい未来へつなぎます。

  • レコビス

    レコビス

    商品1品1品のデータ管理によって、多様化する消費者ニーズにマッチした物流の実現に貢献します。