ページの本文へ

Hitachi

日立物流

コンプライアンス

法令等を遵守した経営を推進するために、コンプライアンス機能を明確化するための体制を整備し、すべての役員、従業員が遵守すべき腐敗防止に関する事項を含むコンプライアンス基本方針を定め、法令や社内規則、企業倫理の遵守の徹底に努めています。また、すべての役員、従業員一人ひとりが企業活動を行う上で、どのように行動すべきかを規定した「日立物流グループ行動規範」を制定し、腐敗防止関連や競争法等の法令遵守はもとより、社会の信頼と期待に応えるために、グループ全体で企業倫理に沿った行動をとることを必須としています。さらに企業倫理・法令遵守を尊重する企業文化を醸成するために、グループ全体で積極的にeラーニングや全社集合教育、コンプライアンス会議等の遵法教育、啓発活動を実施し、コンプライアンスの徹底に取り組んでいます。

コンプライアンス推進体制

日立物流ではコンプライアンス・オフィサーを任命し、グループ全体のコンプライアンス活動の取り組みを統括しています。また、統括営業本部、国内グループ会社および海外四極にコンプライアンス責任者を配置し、コンプライアンス体制の整備・強化を図っています。グループ内の腐敗防止関連事項(贈収賄、利益相反、インサイダー取引、マネーロンダリング等)や競争法を含むコンプライアンスの状況に関しては、コンプライアンス・オフィサーが代表執行役社長に状況を報告しています。また、定期的に監査委員会に報告していますので、当社のコンプライアンス施策は、取締役会の監督の下で行っています。

コンプライアンス推進体制図

コンプライアンス推進体制図

コンプライアンス会議

当社グループ会社のコンプライアンス担当者などを対象に、コンプライアンスに関する情報共有・意見交換を目的としたコンプライアンス会議を開催し、腐敗防止に関わる項目を含むコンプライアンス関連施策の周知および不祥事防止の徹底を図っています。(国内:2回/年、海外:全体1回・エリア単位1回/年)

コンプライアンス基盤強化の取り組み

コンプライアンス携行カード

コンプライアンス携行カード コンプライアンス携行カード・19言語

2016年より「日立物流グループ行動規範」の浸透を目的に、コンプライアンス携行カードを日立物流グループの全役員、従業員へ配付しています。行動規範の要旨や、コンプライアンスに関して判断に迷った際に参照できるフローチャートを記載するなど、役員、従業員がとるべき行動の一助となる内容としています。2018年にはカードの記載内容を厳選し、より簡潔に、読みやすく、分かりやすくリニューアルしました。同カードは19の言語に翻訳し、海外の役員、従業員一人ひとりへも配付をしています。

<携行カードに記載されている主な項目>

  • 労働安全衛生
  • 人権の尊重
  • 情報セキュリティ
  • 贈収賄防止/競争法違反
  • 輸出入管理
  • 環境保全 等

コンプライアンス教育の実施

コンプライアンス違反を許さない堅固な企業風土を築きあげるため、腐敗防止関連、倉庫業法等について理解を深めることを目的に役員も含む全従業員を対象としたeラーニングのほか、階層別教育として、新入社員、若手社員、新任係長・新任課長、国内グループ会社の新任取締役を対象とした集合研修にてコンプライアンス教育を実施しています。また、グループ会社の事業に合わせた専門教育や、法務部による巡回教育も行っています。

コンプライアンス教育受講者数
(2020年度実績)
218名

※eラーニング受講者除く、日立物流 法務部が担当する研修のみ

行動規範eラーニング受講者数
(2019年11月~2021年2月実績)
延べ、153,118名

※教育項目数:17、対象会社数:68社(日立物流、国内グループ会社、海外グループ会社)

行動規範月間

2009年より毎年10月を「日立物流グループ行動規範月間」と定め、トップの率先垂範によりグループ全体で、企業倫理の確立および法令等遵守の徹底に取り組んでいます。

<取り組み内容>

取り組み内容対象
トップメッセージの発信全従業員
社内報での周知徹底
海外4極・国内各営業本部トップによるメッセージの発信
国内グループ会社トップによるメッセージの発信
コンプライアンス全般のケーススタディ
行動規範遵守に関する誓約書の取得国内外全管理職

※日立物流を含む国内グループ会社20社、海外グループ会社61社

社内通報制度

違法行為や不適切な行動に関して、早期発見・是正を図るため、社員をはじめ関係者が安心して通報できる仕組みとして、社内通報制度を導入しており、通報窓口は、社内窓口のほか、外部窓口として社外弁護士に通報できる体制を整えています。本制度は、当社およびグループ会社の役員、従業員、パート・アルバイト、派遣社員など、日立物流グループに勤めるすべてのひとのほか、日立物流またはグループ会社の取引先従業員の方が利用できます。日立物流グループでは、通報者の個人情報を保護するとともに、通報の秘密厳守、また、通報したことを理由とする一切の不利益な取り扱いを禁止し、通報者等の保護を徹底しています。

<社内通報制度周知用ポスター>

社内通報制度の社内周知徹底に向けて、20の言語で周知用のポスターを制作し、各拠点で掲示しています。

  • 通報者を特定できる情報は、事前同意なしに開示しません。
  • 通報したことにより不利益な取り扱いはされません。

コンプライアンス社内通報制度ポスター

通報方法
以下の窓口には、封書、メール、Webサイトへの書き込み等で通報できる仕組みを整備しています。
  • 社内窓口:日立物流コンプライアンス担当部署
  • 社外窓口:(1)社外弁護士
    (2)日立グローバルコンプライアンスホットライン(日立グループ統一の内部通報窓口)
通報できる内容
  • 法令に違反すること
  • 社内規則に違反すること
  • 日立物流グループ行動規範に違反すること

<内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)>

WCMSマーク

2021年6月、当社は、消費者庁所管の「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」の自己適合宣言登録事業者として登録されました。「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」は、企業の内部統制およびコーポレート・ガバナンスの重要な要素である内部通報制度の適切な整備・運用の促進を図るため、消費者庁が2019年2月から導入した制度です。事業者が自らの内部通報制度を評価した内容で申請を行い、消費者庁指定の登録機関による審査で、認証基準※1に適合している場合、自己適合宣言登録事業者として登録され、所定のWCMS※2マークの使用が許諾されます。

今後も、内部通報制度の整備および運用の継続的改善を図るとともに、お客さまや社会の信頼にお応えできるよう、コンプライアンス体制の一層の強化を図っていきます。

※1 「公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の整備・運用に関する民間事業者向けガイドライン」(2016年12月9日消費者庁)に基づく内部通報制度認証基準
※2 WCMS:Whistleblowing Compliance Management System

コンプライアンス違反について

2020年度における腐敗防止関連法令や競争法等にかかわる違反件数は以下の通りです。

  • 腐敗防止関連法令や競争法等にかかわる法令違反による罰金等に要した費用:0件(0円)
  • 腐敗防止関連法令や競争法等にかかわる法令違反により解雇された従業員数:0人

政治献金

政治献金については、日立物流グループ行動規範にて政治団体または政治家の理念が当社の経営理念に沿う場合のみに行えることを規定しています。また、献金の際は、政治資金規正法などの関係法令に則り、適切に対応しています。

2020年度の政治献金額(千円)1,760

コンプライアンスデータ

コンプライアンス研修の実施回数や社内通報制度の相談件数等、コンプライアンスに関するデータを下記にて一覧でまとめています。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。