ページの本文へ

Hitachi

日立物流

環境

CSR・環境メインビジュアル

環境への取り組み

日立物流グループでは、人と地球の未来のために、できることのすべてを叶えるためにさまざまな活動を行っています。環境管理のレベル向上を推進し、さまざまな取り組みを通してグループで一体となった環境改善活動を推進しています。

環境保全行動指針

当社は、「日立物流経営理念」を基本理念とし、当社の事業活動における環境問題への取り組みに対する指針を定めています。

環境管理体制

1992年8月に環境専任部署を本社に設置して以来、環境負荷低減を進め、現在はグローバルな"環境に配慮した事業運営"に向け、日立物流グループで一体となった活動を展開しています。
環境担当の執行役専務を責任者とする本社経営戦略本部・サステナビリティ推進部が、取締役会および執行役会の監督のもと、環境経営全般の実務の責任を負うとともに、グループ全体を統括しています。

環境管理体制図

環境管理の推進

日立物流グループでは、経営層が参加する会議において、環境対策への理解促進と指導の徹底を図っています。また、環境指導を行う環境エキスパートの養成にも力をいれています。

地球温暖化防止

全国各地の事業所・物流センターでは、地球温暖化防止に向け、省エネ、節電対策をはじめ、さまざまな施策に取り組んでいます。

  • 節電
  • グリーンカーテンなど

グリーンロジスティクスの推進

環境に配慮したグリーンロジスティクスの取り組みを強化し、環境対策を推進しています。

  1. 共同物流の推進
  2. モーダルシフトの拡充
  3. エコカーの導入とエコドライブの推進
  4. 環境配慮型物流センターの建設・運営
  5. 資源循環の推進

など

外部機関との協働・連携

日立物流グループは、一般社団法人日本物流団体連合会(以下、物流連)の会員企業として、理事に就任し団体の幹部の役割を担っているほか、物流連の環境委員会の委員を務め、気候変動問題を含む環境対策の意見提示等により、物流連の活動を支援しています。
物流連は、物流業界の気候変動対策を含む環境対策を主導し、業界を代表して行政への働きかけや物流業界の課題であるモーダルシフトの拡大の基盤づくり等の活動を展開している団体です。

注目トピックス

「令和3年度モーダルシフト取り組み優良事業者賞(有効活用部門賞)」 を受賞

一般社団法人 日本物流団体連合会が主催する「令和3年度モーダルシフト取り組み優良事業者賞」において、当社の「内航船輸送を活用した九州⇔関東間モーダルシフト輸送」が有効活用部門賞を受賞しました。

2021 日本パッケージングコンテスト「経済産業大臣賞」「テクニカル包装賞」をダブル受賞

公益社団法人 日本包装技術協会主催「2021日本パッケージングコンテスト」において、当社の「大型装置の国内輸送用梱包材開発」が経済産業大臣賞を、「洗濯機下部の組トレイ改善:円弧(大R)による辺の湾曲化」がテクニカル包装賞をそれぞれ受賞しました。

第22回物流環境大賞「先進技術賞」を受賞

一般社団法人日本物流団体連合会主催の第22回物流環境大賞において、「スマートウエアハウス(EC物流向けシェアリング自動倉庫)運営による環境負荷低減」が、物流の効率化とCO2排出量削減に貢献したことが評価され、「先進技術賞」を受賞しました。