ページの本文へ

Hitachi

日立物流

環境

CSR・環境メインビジュアル

環境への取り組み

日立物流グループでは、人と地球の未来のために、できることのすべてを叶えるためにさまざまな活動を行っています。環境管理のレベル向上を推進し、さまざまな取り組みを通してグループで一体となった環境改善活動を推進しています。

環境保全行動指針

当社は、「日立物流経営理念」を基本理念とし、当社の事業活動における環境問題への取り組みに対する指針を定めています。

環境管理体制

1992年8月に環境専任部署を本社に設置して以来、環境負荷低減を進め、現在はグローバルな"環境に配慮した事業運営"に向け、日立物流グループで一体となった活動を展開しています。

環境管理体制図

環境管理の推進

日立物流グループでは、経営層が参加する会議において、環境対策への理解促進と指導の徹底を図っています。また、環境指導を行う環境エキスパートの養成にも力をいれています。

地球温暖化防止

全国各地の事業所・物流センターでは、地球温暖化防止に向け、省エネ、節電対策をはじめ、さまざまな施策に取り組んでいます。

  • 節電
  • グリーンカーテンなど

グリーンロジスティクスの推進

環境に配慮したグリーンロジスティクスの取り組みを強化し、環境対策を推進しています。

  1. 共同物流の推進
  2. モーダルシフトの拡充
  3. エコカーの導入とエコドライブの推進
  4. 環境配慮型物流センターの建設・運営
  5. 資源循環の推進

など

注目トピックス

当社グループ(2件)が「令和2年度モーダルシフト取り組み優良事業者賞(有効活用部門賞)」を受賞

一般社団法人 日本物流団体連合会において、物流業界における環境負荷低減と労働生産性向上の観点から、他の模範となる取り組みを行っている物流事業者と表彰され、日立物流は「全国向け、食品の鉄道モーダルシフトの継続実施」、グループ会社のバンテックは「関東~九州の大動脈輸送の継続的なモーダルシフトの推進」がそれぞれ有効活用部門賞を受賞しました。

2020 日本パッケージングコンテスト「経済産業省製造産業局長賞」「適正包装賞」「大型・重量物包装部門賞」をトリプル受賞

公益社団法人 日本包装技術協会主催「2020日本パッケージングコンテスト」において、強化段ボールを用い、コスト削減や二酸化炭素炭素排出量の低減を実現したことが評価され、「経済産業省製造産業局長賞」「適正包装賞」「大型・重量物包装部門賞」を受賞しました。なお、「経済産業省製造産業局長賞」は容器包装・包装資材として優れている中で、特に包装の適正化に貢献している作品に授与されるもので、本コンテストの最高賞であるジャパンスター賞のひとつであり、当社では初の受賞となります。

第21回物流環境大賞において「物流環境特別賞」を受賞

一般社団法人日本物流団体連合会主催の第21回物流環境大賞において、再生資源廃棄物輸送のモーダルシフトにより輸送効率の向上とCO2排出量の削減を実現したことが評価され、「物流環境特別賞」を受賞しました。