ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2022年6月8日

「デジタルトランスフォーメーション銘柄2022 (DX銘柄2022)」に選定
~SCDOS、SSCVの実用化と外販による拡大が高く評価~

株式会社日立物流は、経済産業省が東京証券取引所および独立行政法人情報処理推進機構と共同で選定する「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」制度において、「DX銘柄2022」に選定されましたのでお知らせします。DX銘柄とは、東京証券取引所に上場している企業の中から、企業価値の向上につながるDXを推進するための仕組みを社内に構築し、優れたデジタル活用を展開している企業を業種区分ごとに選定するもので、今年度は33社が選定されました。

当社においては、SCDOSやSSCVといったDXソリューションを開発、自ら運用することで事業強化を図り、物流に新たな付加価値を加え事業領域を拡張していること、そして、これらを外販することで顧客価値、社会価値につながる成果を生み出していることなどが評価されたものです。

SCDOS(Supply Chain Design & Optimization Services)について

サプライチェーンDXであるSCDOSは、サプライチェーンにおいてこれまで個別に管理されていた、在庫数や輸送コスト、CO2排出量などのデータを一元管理し、可視化することで、サプライチェーンの最適化を支援しています。


【ご参考】SCDOS特設サイト:https://www.hitachi-transportsystem.com/jp/scdos/

SSCV(Smart & Safety Connected Vehicle)について

輸送DXであるSSCVは、輸送に関する事務作業をクラウドサービスで提供し業務効率化を推進する「SSCV-Smart」、IoTテクノロジーやAIを活用して事故を未然に防ぐ「SSCV-Safety」、車両の維持管理を効率化する新たなフリートマネジメントサービス「SSCV-Vehicle」の3つのソリューションで構成され、輸送事業者の抱える課題を物流会社ならではのノウハウとデジタルテクノロジーで解決します。


【ご参考】SSCV総合特設サイト:https://www.hitachi-transportsystem.com/jp/sscv/

当社グループは、DX・LT(Logistics Technology)・現場力で、「海外事業の強化・拡大」「新たな付加価値による事業領域の拡張」「スマートロジスティクスの進化」「ESG経営基盤の強化」を推進し、グローバルなサプライチェーン戦略パートナーをめざします。

【お問い合わせ先】

(株)日立物流 広報部                TEL:03-6263-2803

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。