ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2022年5月16日

「SSCV®-Safety」に関する特許取得のお知らせ

株式会社日立物流は、「SSCV-Safety」に関する特許を取得しましたので、以下の通りお知らせいたします。
当社は2016年よりドライバーの事故リスク低減をめざす安全運行支援技術の検討を開始し、「SSCV(Smart & Safety Connected Vehicle)」として事業化を推進してまいりました。本件は「SSCV-Safety」における3件目の特許取得となり、管理者への事故リスク通知機能においてコアとなる、必要な事象だけを通知するためのロジックに関するものです。


*SSCV、Smart & Safety Connected Vehicleおよびこれらのロゴは、株式会社日立物流の登録商標です。

特許の概要

発明名称 管理支援システム
特許番号 特許第7025457号
登録日 令和4年(2022年)2月15日
特許権者 株式会社日立物流
内容 車両走行情報およびドライバーの体調情報をそれぞれ専用装置で取得し、装置ごとに設定されたアラームレベルに基づき、ドライバーに対して安全運転のための発報を行うと同時に、クラウドサーバで解析して危険状態を判断し、真に事故リスクが高く、危険であると判断されたときに、管理者に対して通知するというものです。 これにより、軽度の注意喚起レベルでは管理者へは通知されず、事故リスクが高いときにのみ管理者へ通知するという、レベルに応じた管理者通知が可能になります。
SSCVに関するその他の特許(計2件)との関係
(2020年10月1日リリース済み)
(1)特許第6684295号の発明は、本発明における車両走行情報・ドライバーの体調情報をクラウドサーバで解析する際、車両の走行場所が高速道であるか一般道であるかも加味してデータを解析する点に特徴を有します。
(2)特許第6714036号の発明は、本発明における管理者への通知のタイミングにおいて、ドライブレコーダーの動画を切出し、そのショート動画とともに管理者に通知する点に特徴を有します。

【関連ニュースリリース】
2020年10月1日付リリース「SSCV」に関する特許取得のお知らせ
https://www.hitachi-transportsystem.com/jp/news/20201001-2.html

「SSCV」について

SSCVは日立物流が提供する輸送デジタルプラットフォームで、SSCV-Smart、SSCV-Safety、SSCV-Vehicleの3つのソリューションで構成されます。「物流企業の視点 + テクノロジーの力」を活用して輸送課題を解決します。

ご参考:関連Webサイト

■「SSCV」総合特設サイト
https://www.hitachi-transportsystem.com/jp/sscv/
■「SSCV-Safety」特設サイト
https://www.hitachi-transportsystem.com/jp/sscv/safety/

日立物流グループは、SSCVの開発を通じて、輸送事業者が抱える課題の解決と事業成長を支援し、社会インフラとしての物流の発展に貢献します。

【お問い合わせ先】

㈱日立物流 法務部 知財グループ TEL: 03-6263-2815
㈱日立物流 広報部        TEL: 03-6263-2803

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。