ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2021年7月12日

新サービス「SSCV-Safety」提供開始のお知らせ
~「事故ゼロ社会」をめざす安全運行管理ソリューション~

株式会社日立物流は、輸送デジタルプラットフォーム「SSCV(Smart & Safety Connected Vehicle)」(以下、SSCV)のひとつである、安全運行管理をトータルサポートする「SSCV-Safety」の提供を、7月12日より開始しましたので、お知らせいたします。

<SSCVとは>
「輸送を支える。社会をよくする。」
SSCV-Smart、SSCV-Safety、SSCV-Vehicleの3つのソリューションで構成される、当社が提供する「物流企業の視点+テクノロジーの力」を活用した輸送課題を解決する輸送デジタルプラットフォームです。

SSCV-Safetyは、ドライバーの運行前後および運行中の生体データと、ドライブレコーダや車両の挙動などから取得した運転データをAIで分析し、独自に開発した事故リスク予測アルゴリズムとテクノロジーを組み合わせて、ドライバー自身が気付くことのできない「疲労」や「ストレス」を可視化することで、漫然運転に起因する事故を未然に防ぐ安全運行管理ソリューションです。 既にサービスを提供開始している「SSCV-Smart(業務効率化)」や、今後開始予定の「SSCV-Vehicle(車両管理)」との連携拡充により、輸送事業者の抱えるドライバーの安全管理の強化や労働環境の整備といった、社会課題の解決に向け利用価値を高めてまいります。

SSCV-Safety特設サイト

SSCV-Safety概要

名称 SSCV-Safety(エスエスシーブイ セーフティ)
サービス提供形態 SaaS(Software as a service)
基本提供機能 ドライバー向け体調測定機能、管理者向けダッシュボード機能 
連携機能 SSCV連携(SSCV-Smart(業務効率化)、SSCV-Vehicle(車両管理))
サービス開始日 2021年7月12日

SSCV-Safetyの特徴

当社グループは、最も選ばれるソリューションプロバイダをめざし、ビジネスコンセプト『LOGISTEED』の
もと、事業・業界を超えた協創領域の拡大を図り、新たなイノベーションを実現していきます。

ご参考:関連リリース

■「日立、日立物流、日立キャピタルがドライバーの生体・運転データをAIで分析し、安全運行管理をトー
 タルサポートする新サービスの提供で協業開始」
 https://www.hitachi-transportsystem.com/jp/news/20201203.html

■「新サービス「SSCV-Smart」提供開始のお知らせ」
 https://www.hitachi-transportsystem.com/jp/news/20201019-3.html

■SSCV~スマート安全運行管理システム~に関する特許取得のお知らせ」
 https://www.hitachi-transportsystem.com/jp/news/20201001-2.html

【お問い合わせ先】

<担 当 窓 口> (株)日立物流 輸送強化事業PJ SSCV強化グループ   TEL:03-6263-2852
<本リリース内容> (株)日立物流 広報部                TEL:03-6263-2803

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。