ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2020年12月10日

世界SCM競技会(Global Professional Challenge 2020)において世界第5位入賞

株式会社日立物流は、オランダInchainge社がサプライチェーンマネジメント(SCM)トレーニングイベントとして毎年開催する世界SCM競技会(Global Professional Challenge 2020)において、世界中から400を超えるチームが参加する中、日本企業としては初の世界第5位に入賞しましたので、お知らせします。


今回が初参加となる当社は、日本予選ラウンド、日本決勝ラウンドを勝ち進み、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりアバターを使った仮想空間で実施された世界大会において、実際のビジネス同様、他チームとの共同購買等の協創活動を通じ競技に挑んだ結果、第5位入賞を果たしました。
この競技会を通じて得たサプライチェーン管理や経営スキルをビジネスに実装していくことで、SCM領域でのさらなるサービス拡充に努めてまいります。


仮想空間での競技の様子

競技概要

TFC(The Fresh Connection:Inchainge社が開発したビジネスシミュレーション型教育プログラム。SCMに関する教育と資格認定を専門とする世界最大の団体であるAPICSの認定基準に準拠しており、2008年より700を超える企業や大学が採用する)を使ったSCM競技会で、例年300を超える企業チームが世界中から参加しています。プログラムの内容は、仮想企業の経営を通して、企業経営とサプライチェーンマネジメントの実践を体験学習するもので、競技では、営業、調達、オペレーション(製造、倉庫)、サプライチェーンからなる経営チームを組織し、他の経営チームと競い合いながら、仮想企業の「ROIの最大化」をめざします。

当社グループは、最も選ばれるソリューションプロバイダをめざし、ビジネスコンセプト『LOGISTEED』のもと、事業・業界を超えた協創領域の拡大を図り、新たなイノベーションを実現していきます。

【お問い合わせ先】

(株)日立物流 広報部
TEL:03-6263-2803

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。