ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2020年12月9日

CDP気候変動レポートにおいて「A-(Aマイナス)」の評価獲得

株式会社日立物流は、国際環境非営利団体CDPより、「気候変動レポート2020」においてその取り組みや情報開示が優れた企業として、リーダーシップレベルである「A-(Aマイナス)」の評価を受けましたのでお知らせします。


当社グループは、2030年に向けた国際社会の共通目標であるSDGsへの取り組みの重要性を深く認識し、パリ協定等世界全体で求められるCO2削減目標や、日本政府が打ち出したTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)ガイダンス等を参考に、グローバル企業に求められる持続可能な社会の実現に貢献するため、環境中長期目標2030/2050を策定しています。その目標実現のために協力会社とも一体となって、共同物流やモーダルシフト等のグリーンロジスティクスを強化し、「環境に配慮した事業活動」を推進しています。


今回の評価においては、気候関連課題について取締役会レベルを含む管理体制を強化していることや、気候関連リスク・機会について当社事業を俯瞰して短期・中期・長期の視点で特定し、財務影響を試算するとともに重要度に応じた対応策を検討・実行していること、また気候関連リスク・機会を事業戦略上の重要事項として考慮していることなどと併せ、環境中長期目標設定、行動、透明性の点で高く評価されたものと考えます。


※CDPについて
CDPは世界の機関投資家が企業に対して環境戦略や温室効果ガス対策などに関する開示を求めるイニシアチブであり、企業価値を図る世界的な重要指標の一つです。企業のガバナンス、リスクと機会、事業戦略、目標と実績など13の項目でスコアリングされ、最高位「A」~最低位「D-」の8段階で評価されます。

当社グループは、経営理念である「日立物流グループは 広く未来をみつめ 人と自然を大切にし 良質なサービスを通じて 豊かな社会づくりに貢献します」のもと、さまざまな『協創』を通じた課題の解決と『価値』の創出に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

(ご参考)日立物流グループのサステナビリティに関する取り組み

【お問い合わせ先】

㈱日立物流  サステナビリティ推進部
TEL:03-6263-2831


㈱日立物流  広報部
TEL:03-6263-2803

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。