ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2019年4月23日

ITER包括輸送プロジェクト3者契約締結について

株式会社日立物流(以下:当社)は、先月7日に国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(以下:QST)とフランスの物流会社DAHER(以下:DAHER)とITER包括輸送プロジェクトの日本-フランス間一貫輸送に関わる基本契約を締結しましたのでお知らせいたします。

ITER包括輸送プロジェクトとは、日本を含む6か国が分担して製造した機器を、フランスで建設中の国際熱核融合実験炉(ITER)サイトへ納入するため現地まで輸送するプロジェクトで、DAHERがプロジェクトを一括受注し遂行しています。QSTは日本の国内機関として、日本が分担する機器の開発、製造、輸出を含む調達を担当しています。当社は日本におけるDAHERのパートナーとして、長年培った高い専門技術とノウハウを活用し、超大型重量機器の日本からフランスまでの輸送を担当いたします。

当社グループは、最も選ばれるソリューションプロバイダをめざし、ビジネスコンセプト『LOGISTEED(ロジスティード)』のもと、コア領域を強化するとともに事業・業界を超えた協創領域の拡大を図り新たなイノベーションを実現していきます。

輸送の概要

作業範囲 日本~フランス間の海上輸送(日立物流)、フランス側現地輸送(DAHER)  
輸送品 トロイダル磁場(TF)コイル(計9基) (国内メーカー2社にて製造)
大きさ/重量 (W)18m×(D)10m×(H)5m /500トン(1基あたり)
作業時期 2020年~2022年予定


    3者間契約締結の様子

ITER(イーター)計画とは(QST Webサイトより)

ITER計画は、平和目的の核融合エネルギーが科学技術的に成立することを実証する為に、人類初の核融合実験炉を実現しようとする超大型国際プロジェクトです。ラテン語で道や旅という意味を持つ「ITER」には、核融合実用化への道・地球のための国際協力への道という願いが込められています。
ITER計画は、2025年の運転開始を目指し(2016年6月ITER理事会で決定)、日本・欧州連合(EU)・ロシア・米国・韓国・中国・インドの7極により進められています。

※ITER計画について

以上

【お問い合わせ先】

㈱日立物流 経営戦略本部 広報部 TEL:03-6263-2803

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。