ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2018年9月27日

第33回 全国フォークリフト運転競技大会
~当社グループフォークリフトオペレーターが一般の部で準優勝~

 9月23日、陸上貨物運送事業労働災害防止協会主催による「第33回全国フォークリフト運転競技大会」が開催され、フォークリフトオペレーター日本一をめざして競い合いました。

 当社グループからは13名の選手が出場し、㈱日立物流東日本の藤田遼太朗選手が総合得点970点を獲得して一般の部で準優勝となりました。

 当社グループは、遵法精神と安全意識の高揚および運転の知識と技能の向上を図る目的で、第1回から同大会に参加しております。今後も、職場における安全作業の確立と労働災害の防止に努めてまいります。

△中谷社長(左)と準優勝した藤田選手(右)
△中谷社長(左)と準優勝した藤田選手(右)

△運転競技の模様
△運転競技の模様


第33回全国フォークリフト運転競技大会概要

主催 陸上貨物運送事業労働災害防止協会
後援/協賛 厚生労働省/公益社団法人全日本トラック協会、一般社団法人日本産業車両協会      
開催日 2018年9月23日
会場 中部トラック総合研修センター (愛知県みよし市福谷町西ノ洞21-127)
参加選手数 64名(一般の部49名、女性の部15名)
審査方法 学科(300点)、点検(100点)、運転(600点)の3種目。 計1,000点満点

以上

【お問い合わせ先】

㈱日立物流   経営戦略本部 広報部           TEL:03-6263-2803

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。