ページの本文へ

Hitachi

日立物流

DX戦略

基本方針

 日立物流グループは、2019年度から2021年度(自2019年4月1日 至2022年3月31日)を対象とした中期経営計画(LOGISTEED 2021)において、当社グループおよび協創パートナーも含めたデジタライゼーションにより形成されたプラットフォームを、同業他社も含めたシェアリングエコノミーの拠点とし、さらなるオープンな協創を加速することで、物流領域を基点/起点としたサプライチェーンを実現することを掲げ、施策を推進しています。
 このたび、「LOGISTEED」が掲げる姿へと変化・進化を遂げ、新たな存在価値を確固たるものとするとともに、さらなる企業価値の向上をめざすため、「DX戦略 -「LOGISTEED 2021」実現に向けて-」を策定いたしました。

方針:CPS(Cyber Physical System)と協創による価値創造

 現場(フィジカル空間)にある多様なデータをセンサーネットワークやシステムで収集し、サイバー空間でそれらのビッグデータをAIなどにより分析、知識化を行います。そこで蓄えた情報や価値を現場に投入することで、さらなる現場力の強化を図るとともに、さまざまな協創パートナーとのオープンイノベーションの活性化により、新事業や新たなビジネスモデルの創出につなげます。

重点施策

  • 協創によりデータを価値に変えるエクスターナル (社外向け) DX
    • サプライチェーン上の情報を一元管理・可視化し、課題解決をサポートするSCDOS(Supply Chain Design & Optimization Services)
    • 自動化・省人化のノウハウとデジタル技術を組み合わせ、業界ごとに標準化して提供するスマートウエアハウス
    • IoTテクノロジーを駆使して輸送事業者の業務効率化、事故ゼロ化を支援するサービスプラットフォーム(SSCV:Smart & Safety Connected Vehicle)
  • 業務を効率化しデータを集約するインターナル (社内向け) DX
    • 社内の業務データや顧客のSCMデータを集約するデジタル事業基盤
    • 顧客業界ごとに庫内作業の標準化を行い、複数拠点の最適運営を実現する倉庫内デジタルプラットフォーム
    • 基幹システムを集約・統合し、基幹業務の効率向上とガバナンス強化を実現
    • 全社ボトムアップにより業務改善を進める、VC21活動(Value Change & Creation 2021年度)の一環としてRPA(Robotic Process Automation)導入を推進
    • 職位や所属などに応じて通知設定可能なポータルサイトを構築
  • DXを実現する組織づくり・人財
    • 代表執行役社長を実務執行総括責任者とし、社内のDXを推進するCDO(Chief Digital Officer)を選任
    • DX人財育成体系を整備し、全社員向けのデジタルリテラシー向上、現場のデータアナリスト育成、DX実践部門強化を推進
    • LOGISTEED CAFÉ を中心に、顧客やパートナーとの協創によりLOGISTEEDサービスを拡大
  • ITガバナンスの強化
  • DX関連の投資を継続
  • KPIの設定・管理によるDX分野でのPDCAサイクルの確立

(詳細は、下記の「DX戦略 -「LOGISTEED2021」実現に向けて-」をご参照下さい。)

お問い合わせ

お問い合わせをいただく前に、「個人情報保護に関して」をお読みいただき、記載されている内容に関してご同意いただく必要があります。ご同意いただける場合、本問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が保有することはありません。

株主・投資家情報に関するお問い合わせ