ページの本文へ

Hitachi

日立物流

取締役の選任理由

各取締役を選任している理由は、以下のとおりです。

(2021年6月22日現在)

氏名 選任理由 取締役会
出席回数
(2020年度)
青木 美保 ※ デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(現アビームコンサルティング株式会社)の執行役員等を歴任し、会社経営の経験が豊富であります。また、現在は大学の准教授として活躍されており、その知識と経験を当社の経営に反映いただくことが、取締役会の機能強化に資すると判断しております。
なお、当社の定める「社外取締役の独立性基準」に照らし、当社社外取締役として独立した立場にあり、一般株主と利益相反が生じるおそれがないと判断されることから、独立役員として指定しております。
11回/11回
泉本 小夜子 ※ 監査法人で長年企業会計に携わっており、また、数多くの公職を歴任しております。業務執行の監査・監督を中心にその知識と経験を当社の経営に反映いただくことが、取締役会の機能強化に資すると判断しております。
なお、当社の定める「社外取締役の独立性基準」に照らし、当社社外取締役として独立した立場にあり、一般株主と利益相反が生じるおそれがないと判断されることから、独立役員として指定しております。
13回/13回
浦野 光人 ※ 製造業及び物流業の経営者として経営の効率化に取り組んでこられ、数多くの企業の社外役員を歴任するなど、経営感覚に優れ、経営の諸問題に精通しております。当社取締役会におきましては独立役員として議長となり、取締役会の活性化や議論の質の向上に努めております。また、昨年導入致しました執行役への業績連動型株式報酬制度につきましては、当時の報酬委員長としてその実現に取り組みました。その知識と経験を当社の経営に反映いただくことが、取締役会の機能強化に資すると判断しております。
なお、当社の定める「社外取締役の独立性基準」に照らし、当社社外取締役として独立した立場にあり、一般株主と利益相反が生じるおそれがないと判断されることから、独立役員として指定しております。
13回/13回
西島 剛志 ※ 横河電機株式会社の社長等を歴任し、現在は同社の会長として活躍されており、経営感覚に優れ、経営の諸問題に精通しております。その知識と経験を当社の経営に反映いただくことが、取締役会の機能強化に資すると判断しております。
なお、当社の定める「社外取締役の独立性基準」に照らし、当社社外取締役として独立した立場にあり、一般株主と利益相反が生じるおそれがないと判断されることから、独立役員として指定しております。
11回/11回
總山 哲 ※ 検事としての経験を有し、弁護士として活躍されており、法律・コンプライアンスに関する専門的な見識と豊富な経験を有しております。その知識と経験を当社の経営に反映いただくことが、取締役会の機能強化に資すると判断しております。
なお、当社の定める「社外取締役の独立性基準」に照らし、当社社外取締役として独立した立場にあり、一般株主と利益相反が生じるおそれがないと判断されることから、独立役員として指定しております。
13回/13回
丸田 宏 財務・会計に関する深い知見を有しており、海外での勤務経験も豊富であります。その知識と経験を当社の経営に反映いただくことが、取締役会の機能強化に資すると判断しております。 13回/13回
渡邊 肇 ※ 弁護士として活躍されており、国際取引法に関する専門的な見識と豊富な経験を有しております。その知識と経験を当社の経営に反映いただくことが、取締役会の機能強化に資すると判断しております。
なお、当社の定める「社外取締役の独立性基準」に照らし、当社社外取締役として独立した立場にあり、一般株主と利益相反が生じるおそれがないと判断されることから、独立役員として指定しております。
11回/11回
神宮司 孝 入社以来、人事・労務、営業、事業戦略、海外事業に携わる等、豊富な業務経験を有し、代表執行役 執行役副社長兼取締役への就任以降、当社成長戦略実行の牽引役として、多くの協創パートナーとの関係構築や交渉に従事し、実現させてきました。その幅広い職務経験や知見を取締役として活かすことにより、当社の企業価値の向上に資する者として判断しております。 13回/13回
中谷 康夫 当社代表執行役 執行役社長兼取締役に就任以来、強いリーダーシップを発揮し、当社グループの価値創造プロセスを築きあげるとともに、経済・社会・環境価値を向上させてきました。当社が掲げるビジョンである「最も選ばれるソリューションプロバイダ」に向けて、グローバルな事業経営を推進し持続的な企業価値の向上をめざすにあたり適切な人材と判断しております。 13回/13回
 ※東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定しております。


関連情報