ページの本文へ

Hitachi

日立物流

データ消去

データ消去 メインビジュアル

多種多様な情報通信機器に残存するデータを消去、破壊するサービスです。ご要望に応じ、データ消去作業完了証明書の発行やハードディスク破壊前後の外観写真などのご提出も可能です。

お客さまのセキュリティーポリシーと予算に合わせ、オンサイト、オフサイトでの消去およびソフトウェアによる上書き消去やハードウェア物理破壊などの作業方法を自由に選択いただけます。

データ消去の3つのポイント

高速データ消去装置の活用

高速データ消去装置の活用

サーバ、ストレージ等の大容量記録媒体も短時間で消去できます。

物理破壊

物理破壊

専用の穴あけ装置や磁気破壊装置により、安全・確実に情報記録媒体を破壊します。

情報記録媒体破砕車輌

情報記録媒体破砕車輌

破砕装置を搭載した車輌を用いて、お客さまの敷地内で大量の情報記録媒体を破砕いたします。

データ消去の詳細

ソフトウェアによる論理消去

ソフトウェアによる論理消去

ソフトウェアによる論理消去には、一般的な消去プログラム方式に加え、高速データ消去装置を使用する方式があります。

お客さまの保有機器に応じて最適な消去プランをご提案します。

物理破壊

物理破壊装置

物理破壊装置

HDDの記憶部(円盤部)を4点穴あけ対応します。

電磁破壊装置

電磁破壊装置

強力な磁気照射により破壊します。

情報記憶媒体破砕車両

情報記憶媒体破砕車両

CMTやLTOなどの情報記録媒体をお客さまサイトにて物理破砕します。

作業能力:
カセット磁気テープ 約1,000本/h
オープンリール 約350本/h

情報記憶媒体破砕 作業風景

情報記憶媒体破砕 作業風景

車両内で作業を実施します。

主な対象機器

サーバ、ストレージ、パソコン、タブレット、スマートフォン、ネットワーク機器(ルータ、スイッチなど)、情報記録媒体が対象です。

お問い合わせ先

お問い合わせ、お見積りなどお気軽にご相談ください。

お問い合わせ先

東日本営業本部 京浜営業部
ソリューションビジネス営業グループ
Tel:03-3763-6295受付時間:9:00-17:30(土・日・祝日除く)

Webサイトからのお問い合わせは

関連情報もご覧ください