ページの本文へ

Hitachi

日立物流

企業活動の核となる物流を、責任を持って一手に引き受ける

氏名:山本 雄一
仕事内容:営業
所属部署:流通ソリューション1部
大学時代の学科:体育学科

企業物流を一貫して行うための、スキーム構築が日立物流の強み

山本 雄一

私が所属している流通ソリューション1部は、小売業界の企業物流ネットワークを構築する営業部隊。総合スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンターなどの多岐に渡るお客様の物流を、サポートしています。その中で私の役割は、既存顧客に対する業務拡大と新規顧客を開拓すること。特に現在、日立物流ではグローバルで業務拡大を推進しているため、海外への出店を計画されているお客様や、輸出入を頻繁に行う企業をリサーチし、積極的に営業活動を行っています。
日立物流には、3PL事業の先駆けとして数多くのお客様の物流を一手に引き受けてきた歴史があります。当社の強みは、その中で培ってきた「生産から販売に至る企業物流のすべて」を一貫して行うためのスキーム構築。日立物流グループのネットワークでお客様に最適な物流システムを提案します。

企業の根幹にまで踏み込まなければ、ベストな物流は提案できない

山本 雄一

生産拠点や販売網、商品の在庫数など、物流は企業戦略に大きく関わるため、物流を一任してもらうためには、経営の根幹にまで踏み込める信頼関係の構築が欠かせません。そのためには何度もお客様の元へと足を運び、何に悩まれているのか、何が求められているのかを理解する必要があります。
現在私が担当している作業服を取り扱うお客様も継続的な営業が受注に繋がった一例です。実はかつて、このお客様が実施した物流センター運営の入札で、弊社は一度他社に負けてしまったという経緯があります。しかしながら、その後もお客様からの問い合わせに誠心誠意対応することを心がけ、接点を持ち続けてきました。話が急展開したのは1年後。物流全体を見直したいという依頼をいただき、2回目の入札で見事受注することができたのです。難しい内容の案件でしたが、何度もヒアリングを重ねることで無事にセンターを稼働させることができ、お客様から「さすが日立物流さん」とのお言葉もいただくことができました。
3PLは単に物流を請け負うというだけでなく、お客様の経営さえも左右する仕事です。それだけに責任も大きいですが、お客様やプロジェクトメンバーと一丸となってやり遂げた時の達成感も格別です。今後の目標は、グローバル展開していくお客様に対応できるスキルを身に付けること。これまでの経験を武器に、誰も思いつかないような新スキームや新サービスを生み出していきたいと思っています。

「あなたが抱く、次世代物流の姿とは」

山本 雄一

次世代物流のキーワードは”価値共創”であると考えます。”価値共創”とは、消費者の求める多目的ニーズに対して、企業がさまざまなステークホルダーと協働して新しい価値を創造することです。例えば、インターネットで「キャンプ」と検索するとウェブ上にはキャンプに関連する全てのカテゴリー商品が表示される。ユーザーはテントを購入することもできれば、関連グッズも購入することもできる。またキャンプに相応しいファッションコーディネートを見て、洋服をチョイスすることもできれば、初めて体験する釣具一式を購入することもできる。そういった業種の枠を超えた「更なるわくわく感」を生み出すことが物流の新たな役割だと感じています。

※社員の所属および部署名は、取材当時のものです。