ページの本文へ

Hitachi

日立物流

お客様のコア事業を円滑にする、「潤滑油」の役割を担っている

氏名:鶴﨑 雄大
仕事内容:経理
所属部署:経理部 連結決算G
大学時代の学科:商学科

社外への決算情報開示という、責任ある仕事を経験

鶴﨑 雄大

現在私は四半期と年次の連結決算業務をはじめ、社外へ開示する情報のとりまとめを主に担当しています。連結決算業務では、財務諸表を作成し期日通りの決算発表が実施できるよう準備が必要で、自身に割り当てられた業務を正確かつ迅速に行うよう心掛けています。担当業務が対外発表と直接結びついているということもあり、部署としては向上心と責任感が強い雰囲気だと感じています。
期日通りかつ正確な決算情報開示には、グループ会社の協力も欠かせません。そのため、経理部では課題事項の共有や正しい経理処理の再確認等を目的に教育資料の作成や業務指導を行っています。私も2015年度は複数の国内グループ会社やトルコのグループ会社へ出張し、各社の経理処理のフローをチェックしてきました。この出張を通じて、税務制度が大きく異なるトルコ、の経理処理について理解を深めることができました。

自分の意思や考えを尊重してもらえる、一定の裁量を持って主体的に働ける環境がある

鶴﨑 雄大

若手は上司の指示の下で受動的に働くというイメージがありましたが、むしろ主体的に業務に取組むことが求められており、また自身の考えや意思を尊重してもらえるので、裁量をもって働けているという感覚があります。今後は未経験の分野も担当しながら幅広い経理知識を身に付け、経理のプロフェッショナルになりたいです。目標達成のため、語学力向上に向けて英会話を学んだり、経理関連の本を読んだりして積極的に自己投資し、自身の価値を高めていきたいと思います。
日立物流には、お客様のコア事業を円滑にする「潤滑油」のような役割があります。数多くの会社がありますが、きっとみなさんもそういった部分にやりがいを感じられると思っています。就職活動は自分自身を見つめ直し社会を知る意味でも大変貴重な機会です。多くの人に話を聞き、多くの気づきを得て充実した就職活動にして欲しいですし、一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています。

「あなたが抱く、次世代物流の姿とは」

鶴﨑 雄大

「ITを駆使した高付加価値サービスの創造」だと考えています。現在、さまざまな業界においてIoTや人工知能をはじめとしたテクノロジーが注目されています。物流業界は労働集約型の業界であり、ITを活用する余地が大きいと感じています。最新テクノロジーを事業に結びつけることにより、「どこへでも、速く、正確に」という物流企業に求められるニーズへの満足度が飛躍的に高まるのではないかと期待しています。

※社員の所属および部署名は、取材当時のものです。