ページの本文へ

Hitachi

日立物流

物流業界理解

物流業界理解

物流会社の役割

物の価値を高める

物流とは、私たちが生活する上で不可欠な社会インフラです。食品、アパレル、化粧品のほか、医療機器や鉄道など生活に必要な物の移動によって私たちの社会は成立しています。物流会社の役割は生産者と商品を必要とする人をつなぐことです。あらゆる情報を活用し保管、流通加工、包装などの機能を組み合わせること。そして安全に効率よく移動させることで物流会社は物の価値を高めています。

物の価値を高める

物流会社の仕組み

物流は大きく分けて調達物流、生産物流、販売物流、静脈物流の4つのフェーズから構成されています。

調達物流

物を作るために必要な部品、資材の調達から、工場への搬入までの物流のこと(資材調達、納入代行等)

生産物流

部品・資材・完成した製品の管理から、製品の包装、発送に至る物流のこと(包装設計、工場倉庫内管理等)

販売物流

製品を物流センターや量販店を通して消費者へ運送する物流のこと(在庫管理、入出庫管理、配送管理、返品管理等)

静脈物流

回収物流やリサイクル物流とも呼ばれるもので、消費者まで行き渡った製品をリユース、リサイクルするために廃棄物処理拠点まで運搬する物流のこと(データ消去、情報機器の引き取り、各種リサイクル品の回収輸送等)

物流会社の仕組み