ページの本文へ

Hitachi

日立物流

第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会群馬県

1月1日(元日・日)に群馬県で開催された「第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝2017)」に出場しました。日立物流陸上部は4時間54分26秒で総合10位の成績をおさめました。

1区(浅岡選手)
新年最初の日本一決定戦、流れを決める重要な1区。浅岡選手は冷静かつ堂々とした走りで最後まで先頭争いを演じ、トップと2秒差の好位置で2区へたすきを繋ぎました。

2区(ディク選手)
全区間で唯一外国人選手の登録が認められ、世界レベルの選手達がハイスピードで駆け抜けるインターナショナル区間の2区。ディク選手が闘志溢れる走りを見せ、日立物流初となるトップでたすきを繋ぎ、さらにチームに勢いをつけました。

3区(牟田選手)
各チームのスピードランナーが集い、順位変動がめまぐるしい3区。牟田選手は堅実な走りでレースを進め、順位を一つ落としたものの最後まで粘り切り、2位でたすきを繋ぎました。

4区(日下選手)
最長区間であり、最後は向かい風と上り坂が待ち受けることから、各チームのエースが集う4区。日下選手は攻めの走りで上位争いを演じたが、中盤以降は苦しい展開となり、11位でたすきを繋ぎました。

5区(竹内選手)
標高差66mを登り、群馬特有のからっ風が吹く過酷な5区。竹内選手は順位こそ変わらなかったものの、懸命の走りで前を追い、上位との差を詰めて6区へたすきを渡しました。

6区(栁選手)
小刻みなコーナーと起伏が続き、ペースが乱されやすい6区。栁選手は積極果敢な走りで区間5位と好走し、順位を3つ上げて8位でたすきを繋ぎました。

7区(田口)
コースは平坦なものの、強い向かい風とチームの順位が決まることから様々な駆け引きや対応が求められる7区。田口選手は終盤まで3チームで8位争いを演じましたが、あと一歩及ばず総合成績10位でのゴールとなりました。

入賞を目差して挑んだ今大会ですが、残念ながら10位という結果に終りました。
今回の経験を糧に今後のレースでは悔いのない闘いをしていきたいと思います。
当日は現地で、テレビの前で暖かい声援を送ってくださり、ありがとうございました。


【総合】

順位 記録
10位 4時間54分26秒

【個人成績】

区間/距離 出場選手 チーム区間順位 個人区間順位 個人区間記録
1区(12.3Km) 浅岡 満憲 4位 4位 35分17秒
2区(8.3Km) ジョナサン・ディク 1位 2位 22分08秒
3区(13.6Km) 牟田 祐樹 2位 20位 39分25秒
4区(22.0Km) 日下 佳祐 11位 16位 1時間5分01秒
5区(15.8Km) 竹内 竜真 11位 14位 48分30秒
6区(12.5Km) 栁 利幸 8位 5位 36分59秒
7区(15.5Km) 田口 大貴 10位 19位 47分06秒