ページの本文へ

Hitachi

日立物流

第57回 東日本実業団対抗駅伝競走大会(埼玉県庁~熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

「総合6位入賞、ニューイヤー駅伝出場権獲得」

11月3日(木・祝)に埼玉県庁南門スタート~熊谷スポーツ文化公園陸上競技場ゴールの7区間、全長77.5kmのコースで第57回東日本実業団対抗駅伝競走大会が開催され、実業団26チームが出場し、日立物流陸上部は3時間49秒38の総合6位で2017年1月1日(金)に開催される第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会の出場権を獲得しました。

1区:栁選手は冷静にトップ集団でレースを進め、先頭と15秒差の7位で1区の役割を最低限果たし、襷をつなぎました。

2区:浅岡選手はエースが集う2区で積極的に前を追い、先頭集団に追いつきましたが、終盤は実力を発揮できず、8位で襷をつなぎました。

3区:ディク選手はハイペースなインターナショナル区間を闘争心溢れる走りで8位から4位に順位を押し上げ、後半区間に襷をつなぎました。

4区:竹内選手は3区の勢いをそのままに、軽快な走りで2位争いを演じ、2位と2秒差の4位で襷をつなぎました。

5区:田代選手は果敢に2位集団でレースを展開するも、後半は失速してしまい、7位で襷をつなぎました。

6区:牟田選手は7位と順位は変わらなかったものの積極的に前を追い、上位へ望みを残す位置でアンカーに襷をつなぎました。

7区:日下選手は4位まで届きそうな勢いで善戦したものの、最後は意地で6位を死守し、ゴールしました。

この勢いを維持し、ニューイヤー駅伝では応援しがいのあるレース展開ができるよう、個々のレベルアップを計り、努力していきます。引き続き応援をよろしくお願いいたします。

大会結果

【総合】

順位 記録
6位 3時間49分38

【個人成績】

区間/距離 出場選手 チーム区間順位 個人区間順位 個人区間記録
1区(11.6km) 栁 利幸 7位 7位 33分42秒
2区(15.3km) 浅岡 満憲 8位 8位 45分44秒
3区(9.2km) ジョナサン・ディク 4位 3位 26分14秒
4区(9.5km) 竹内 竜真 4位 3位 28分14秒
5区(7.8km) 田代 一馬 7位 15位 24分26秒
6区(10.6km) 牟田 祐樹 7位 5位 30分41秒
7区(13.5km) 日下 佳祐 6位 3位 40分37秒