ページの本文へ

Hitachi

日立物流

1月1日 第59回 全日本実業団対抗駅伝競走大会

1月1日(元日・木)に群馬県で開催された「第59回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)」に出場しました。日立物流陸上部は最後まで襷をつなぎ、5時間03分39秒で総合19位の結果をおさめました。

  • 1区(松宮)
    松宮選手は先頭のペースに対応することが出来ず、後方で我慢のレースとなりました。最後はラストスパートを掛け順位を上げたものの、29位での襷リレーとなりました。
  • 2区(ディク)
    インターナショナル区間でスピードレースが繰り広げられる中、ディク選手は22位まで順位を押し上げました。
  • 3区(日下)
    初出場の日下選手は積極的に前の選手を追うものの、後方から追いつかれ順位を下げてしまいましたが、後半は粘りある懸命な走りで、25位で襷を繋ぎました。
  • 4区(山岸)
    エースが走る最長区間を初出場の山岸選手は緊張した表情で挑みましたが、ペースを落とすことなく、最後まで堅実な走りで22位に順位を上げました。
  • 5区(筱嵜)
    筱嵜選手は昨年同様の熟知している5区の出走となり、落ち着いた走りで順位を3つ上げ、19位で襷を繋ぎました。
  • 6区(千田)
    前半にカーブや起伏があり、風の影響を受けやすくリズムが掴みにくい区間で、千田選手はリズムに乗ることができず、順位を21位に下げアンカーに託しました。
  • 7区(澤野)
    澤野選手は初出場ながら積極的な攻めの走りで前方選手に追いつき、最後はラストスパートに競り勝ち、順位を2つ上げ19位でのゴールとなりました。

昨年より1つ順位を落とした19位という結果は、陸上部にとって決して満足できるものではありませんが、今回の経験を糧に、更なるレベルアップをするべく、精進して参りますので、引き続き応援をお願いいたします。
また当日は現地で、テレビの前で暖かい声援を送ってくださり、ありがとうございました。

大会結果

【総合】

順位 記録
19位 5時間03分39秒

【個人成績】

区間/距離 出場選手 チーム
区間順位
個人成績
区間順位 区間記録
1区(12.3km) 松宮 祐行 29位 29位 36分18秒
2区(8.3km) ジョナサン・ディク 22位 11位 23分17秒
3区(13.6km) 日下 佳祐 25位 24位 39分58秒
4区(22.0km) 山岸 宏貴 22位 19位 1時間04分58秒
5区(15.8km) 筱嵜 昌道 19位 15位 49分03秒
6区(12.5km) 千田 洋輔 21位 26位 39分29秒
7区(15.5km) 澤野 健史 19位 29位 50分36秒
第59回 全日本実業団対抗駅伝競走大会 出場選手