ページの本文へ

Hitachi

日立物流

11月3日 第53回 東日本実業団対抗駅伝競走大会

11月3日(土・祝)に、埼玉県庁南門スタート~熊谷スポーツ文化公園陸上競技場ゴールの全長7区間77.5kmのコースで第53回東日本実業団対抗駅伝競走大会が開催され、実業団27チームが出場しました。
日立物流グループ陸上部は、3時間50分52秒の記録で見事総合8位入賞、2013年1月1日(火)に行なわれる第57回全日本実業団対抗駅伝競走大会の出場権を獲得しました。

1区 大沼選手は上位集団の中で粘りの走りをみせ、トップと3秒差の6位で2区にタスキを渡し、チームに良い流れを作りました。
2区 筱嵜選手はエース区間となるこの区間で、5位集団につける粘りで9位で中継、見事エースの大役を果たしました。
3区 ディク選手は、区間3位の好走をみせ、順位を5つ上げ、4位までチームを押し上げました。
4区 松宮選手はベテランの安定した走りで、4位をキープしたまま5区にタスキを渡しました。
5区 長谷川選手は、順位を3つ落としましたが、区間6位の粘りの走りをみせ、7位で6区にタスキを渡しました。
6区 キャプテン山口選手は、後続のチームに追いつかれはしたものの、3チームでの7位争いを繰り広げたまま8位で最終7区に中継しました。
最終7区 島澤選手は、持ち前の勝負強さと粘りを発揮し、8位をしっかりと守り抜きゴールしました。
日立物流グループ陸上部として初めての駅伝で見事入賞、昨年から順位を2つ上げ、全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)の出場権を獲得しました。
ニューイヤー駅伝では、この勢いを引き続きキープし、最良のコンディションで臨んでまいりますので、引き続き応援お願いいたします。

【総合】

順位 記録
8位 3時間50分52秒

【個人成績】

順位 出場選手 チーム
区間順位
個人成績
区間順位 記録
1区(11.6km) 大沼 睦 6位 6位 34分02秒
2区(15.3km) 筱嵜 昌道 9位 9位 45分47秒
3区(9.2km) ジョナサン・ディク 4位 3位 26分40秒
4区(9.9km) 松宮 祐行 4位 6位 30分11秒
5区(7.4km) 長谷川 誠 7位 6位 22分31秒
6区(10.6km) 山口 航 8位 10位 30分53秒
7区(13.5km) 島澤 誉寛 8位 8位 40分48秒
出場選手