ページの本文へ

Hitachi

日立物流

『第52回 東日本実業団対抗駅伝競走大会(全日本予選)』

第52回東日本実業団駅伝が2011年11月3日(木)、埼玉県庁南門前をスタートし、熊谷スポーツ公園陸上競技場をゴールとする7区間77.5Kmで行われた。日立電線は3時間51分23秒の総合10位でゴール。2012年1月1日(日)に行われる全日本実業団駅伝への出場権を獲得した。

今年のレースは例年とは違うハイペースで展開された。1区山口選手は前半から先頭集団を形成。11位と健闘し2区筱嵜選手へ襷を繋いだ。エース区間の2区を任されたルーキー筱嵜選手は前との差を徐々につめ、8位入賞を射程圏内に入れ3区Ndiku選手へ。3区Ndiku選手は世界選手権ゴールドメダリストを起用するホンダに追いつき並走、後半に離されはするものの世界の走りを見せ付け、2つ順位を上げる9位で襷を繋いだ。4区岡田選手は重要区間で安定した走りを見せ5区へ繋ぎ、4区の重い役割をしっかりと果たした。5区長谷川選手はハイペースで前の走者を追いかけ、長谷川選手らしいスピードで力を発揮し6区大沼選手へ。大沼選手は前半6kmまでに1チームを交わし一時8位に浮上、その後も後続を引き離したが後半のペースダウンで再び順位を落とし10位で7区へ。順位変動が少ない最終7区の島澤選手は果敢に攻める走りを見せ、10位をしっかりと守りきりゴール。全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場件を獲得した。 全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)では若い選手の成長とチーム総合力を武器に挑戦者として臨みたい。

応援に駆けつけてくれた応援団との記念撮影!
応援に駆けつけてくれた応援団との記念撮影!

区間 氏名 距離 記録 通過順 区間順
山口  航 11.6km 34:12 11 11
筱嵜 昌道 15.3km 45:26 10
J. Ndiku 9.2km 25:50
岡田 晃 9.9km 29:43
長谷川 誠 7.4km 22:34 10
大沼  睦 10.6km 31:56 10 10
島澤 誉寛 13.5km 41:42 10 14
成 績 77.5km 3:51:23 第10位
2区 筱嵜選手
2区 筱嵜選手
6区 大沼選手
6区 大沼選手