ページの本文へ

Hitachi

日立物流

『第53回 東日本実業団陸上競技選手権大会』 5月21日(土)・22日(日) ~埼玉県 熊谷市スポーツ文化公園陸上競技場~

【1500m予選】

順位 出場者 記録
1組 1位 J.Ndiku 3:50:03(予選通過)
2組 5位 佐藤 大樹 3:57:12(予選通過)

【1500m決勝】

順位 出場者 記録
1位 J.Ndiku 3:42:28
佐藤 大樹 棄権


【3000mSC】

順位 出場者 記録
4位 米田 紳度 9:15:98


【10000m】

順位 出場者 記録
1組 5位 (総合21位) 信田 雄一 29:51:99
1組 8位 (総合24位) 山口  航 29:55:20
1組 24位 (総合46位) 島澤 誉寛 30:57:40
2組 14位(総合18位) 川上 智幸 29:44:57
2組 18位 (総合27位) 筱嵜 昌道 30:06:12

【5000m】

順位 出場者 記録
2組 4位 (総合35位) 川上 智幸 14:27:70
2組 7位 (総合46位) 信田 雄一 14:39:68
2組 8位 (総合47位) 千田 洋輔 14:41:73
3組 4位 (総合20位) 山口  航 14:11:21
3組 7位 (総合23位) 大沼  睦 14:15:61
3組 10位 (総合30位) 長谷川 誠 14:23:00
4組 2位 (総合2位) J.Ndiku 13:27:56

第53回東日本実業団陸上競技選手権大会が21日・22日に、熊谷市スポーツ文化公園陸上競技場で開催された。

大会1日目は1500mでNdiku選手が優勝、3000mSCでは米田選手が4位入賞、2日目は5000mでNdiku選手が2位入賞を果たした。

【1日目】

1500m決勝のレースはラスト400mでNdiku選手がキレのあるスパートをみせ、見事優勝を飾った。

3000mSCでは米田選手が3位争いを演じるも、0.06秒差で惜しくも3位を逃した。しかし、粘りの走りで見事4位入賞を果たした。

10000mでは各選手が粘りの走りをみせたが暑さの影響もあり、低調な記録となった。

米田選手
米田選手

【2日目】

5000mがタイムレース決勝(全4組)で行われた。

4組目に出場したNdiku選手は1500mの疲れを感じさせない軽快な走りで積極的なレースを展開。ラスト200mでスパートを仕掛けたが、Jeilan選手(Honda)に惜しくも破れ、2位でのゴールとなった。その他の日本人選手も低調なタイムだったが、各組の上位でレースを展開し、内容のあるレースとなった。

Ndiku選手
Ndiku選手