ページの本文へ

Hitachi

日立物流

安全

CSR・環境メインビジュアル

安全文化の構築

安全文化の構築

日立物流グループでは、「安全は全てに優先する」という理念のもと、全従業員一人ひとりが日立物流の安全文化を伝承し、安心・安全のサービスを届けています。

日立物流グループ安全向上取り組み方針

毎年日立物流グループ統一の取り組み方針を制定し、安全スローガンと共に、方針に基づいた活動に取り組んでいます。

日立物流グループ安全の日

事故を再発させないため、毎年7月に「日立物流グループ安全の日」を制定し、全ての職場で、「安全は全てに優先する」ことを再認識し、安全活動に取り組んでいます。

安全朝礼の実施

毎年、4月と10月に「安全朝礼」を実施し、経営トップ自らメッセージを発信し安全への意識を強化しています。

安全への取り組み

安全への取り組み

日立物流グループでは、各種安全に関する教育・研修、及び社内外での競技会を通じて、専門知識の習得、運転技能・点検技術の向上、安全に対する意識・知識の向上を図り、グループ全体で安全活動を実践しています。

各種安全教育

【安全指導者の養成】

的確に指導・対策ができる人材育成に力をいれています。

【危険体感型安全教育】

不安全行為の排除や、未確認行為の排除に努め、未然に事故を防ぎます。

【各種実技研修】

安全文化と共に、安全技術の向上を常に図り、高品質なサービスを提供します。

【重量機工作業教育】

鉄道車両、産業機械から医療品等の精密機器まで、安全かつ確実に輸送するための訓練・教育を行っています。

安全性優良業所認定(Gマーク)取得

安全運転意識の向上と安全性の高い事業を運営するため、Gマークの取得を推進しています。

競技会出場

専門知識の習得・運転技能ならびに点検技術の向上、交通安全に対する意識・知識の向上を図る事を目的に、競技会に出場しています。

【社内競技会】

日立物流グループ「トラックドライバー・フォークリフト運転者コンテスト」

【社外競技会】

「全国フォークリフト運転競技大会」(陸上貨物運送事業労働災害防止協会主宰)
「全国トラックドライバー・コンテスト」(公益社団法人全日本トラック協会主宰)

※都道府県で予選が開催され、勝ち抜いてきた選手が出場します。

運輸安全マネジメント

貨物自動車運送事業輸送安全規則第2条の8に定める輸送の安全に関する情報
(対象事業者の区分:事業用貨物自動車300両未満)

1.輸送の安全に対する基本的な方針(2017年度)

輸送の安全は、CSR(企業の社会的責任)の重要な要素のひとつとして、経営トップの主導のもと、次の方針に従い、当社及び当社グループ会社の全従業員が一体となって取り組んでまいります。

  • 当社は、運行管理体制の充実を図り、法令に定められた運行管理を適切に機能させます。
  • 当社は、PDCAサイクル(計画、実施、評価、改善)の実践により、輸送の安全性の継続的な向上を図ります。
  • 当社は、当社グループの全従業員に対して、安全の確保が最も重要であるという意識を教育や啓蒙活動を通して徹底させます。
  • 当社は、輸送業務を委託する協力会社の方々に対する、研修会・安全会議等の定期開催、会社訪問による安全診断、各種教育の共同実施、安全関係資料の配布等の活動を通して、一体感をもって安全向上に取り組みます。

2.輸送の安全に関する目標及び達成状況(2016年度)

  • 交通事故の撲滅

    【目標】

    軽微な事故を含めて「交通事故ゼロ」を目指します。

    【達成状況】

    貨物運送事業及びこれに付帯する全ての業務において、自動車事故報告規則第2条に定める交通事故は「ゼロ」でした。

  • 交通事故防止のための教育

    【目標】

    交通事故防止のための教育を積極的に実施します。

    【達成状況】

    ア.当社松戸研修所において、新任運転者研修、中堅運転者研修、輸配送管理者研修、運行管理者試験受験者研修などを実施しました。
    イ.各事業所において、運転適性診断の受診と結果に基づく面談指導、添乗指導などを実施しました。

3.輸送の安全に係る処分

2016年度において、輸送の安全確保命令、事業改善命令、自動車その他の輸送施設の使用停止処分、事業停止処分はありませんでした。

以上