ページの本文へ

Hitachi

日立物流

CSRマネジメント

リスクマネジメント

事業を継続して社会に貢献していくために、グループ全体のリスクを早期に発見し、リスクの顕在化を防ぐことが重要です。日立物流グループでは、リスクを発見した際に、速やかに状況を把握・分析し、適切に対処するためCSRの基盤強化につとめています。

災害リスク対策

【BCPの推進】

近年、多発している自然災害(地震・洪水・土砂災害・津波・火山噴火など)や、感染症(新型インフルエンザなど)のリスクに対し、日立物流グループでは、このようなリスク発生時においても、事業を中断することなく、お客さまに高品質なサービスを提供するために、代表執行役社長を委員長とするBCM委員会(事業継続マネジメント委員会)において、BCP(事業継続画)の方針・施策を決定し、グループ全体で責任を果たすための対策を実施しています。

【安否確認】

災害が発生した際に、日立物流グループ従業員の安否確認を迅速に行うしくみとして、各自が所有する携帯電話・パソコンを使った安否確認システムを運用しています。また、海外への出張者・海外駐在員を対象に、海外安全教育の実施とともにグローバルアラート(海外安全情報)をタイムリーに発信し、リスクへの認識も深めています。

【全社災害対策本部訓練】

大規模災害時、当社事業の早期復旧と継続を図るため、本社・営業本部・グループ会社の災害対策本部間の連携に向けた訓練を定期的に行っています。

情報セキュリティ強化

お客さまより預かる情報資産および当社の情報資産を適切に管理・保護することが最重要であると認識し、グループ全体で、社内規則の制定、従業員の教育・啓蒙活動を推進し、お客さまに安全・安心な物流サービスをお届けするため、セキュリティレベルの維持・向上につとめています。

個人情報保護の取り組み

お客さまからお預かりする情報には、数多くの個人情報が含まれています。日立物流グループでは「個人情報保護方針」を定め、個人情報の適切な保護につとめています。


プライバシーマーク

【プライバシーマーク】
個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者であることを認定するプライバシーマークの認証を取得しています。また、グループ会社においても同認証を取得しています。


情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)

企業に強固な情報セキュリティ体制の構築が求められるなか、当社では、情報システムの安全管理体制が一定の基準に達していることを認定する国際標準規格ISO/IEC27001認証を取得しています。

ISMS認証取得状況

【認証規格】
ISO/IEC 27001:2013(※1)・JIS Q 27001:2014(※2)

【登録範囲】
3PL事業における営業・設計・開発、及び物流センター運営
(医療・医薬・農薬・ドキュメント管理・情報通信機器)

【初回登録日】
2005年12月22日

【有効期限】
2017年12月21日

(※1) 国際標準化機構(International Organization for Standardization)並びに国際電気標準会議(International Electrotechnical Commission)によるの情報システムセキュリティマネジメントシステムの規格。
(※2) 国際標準規格 ISO/IEC27001に準拠した日本工業規格

【認証取得事業所】