ページの本文へ

Hitachi

日立物流

CSRマネジメント

コンプライアンス

コンプライアンスの徹底

近年、企業は法令等の遵守と自主的な高い倫理性の確保を市場や社会から強く求められています。日立物流グループでは、コンプライアンス体制の整備・強化を図り、「倫理性の高い企業文化」を醸成し、健全かつ適切な企業活動につとめ、お客さまに信頼される企業をめざし、コンプライアンスの徹底を図っています。

コンプライアンス推進体制

日立物流ではコンプライアンス・オフィサー(CCO)を任命し、グループ全体のコンプライアンス活動の取り組みを統括しています。また、統括営業本部、国内グループ会社及び海外の地域統括会社にコンプライアンス責任者を配置し、コンプライアンス体制の整備・強化を図っています。グループ内のコンプライアンスの状況に関しては、コンプライアンス・オフィサーが代表執行役社長に状況を報告するとともに定期的に監査委員会に報告しています。

社内通報制度

違法行為、不適切な行動に関して、早期発見・是正を図ることができるよう、社員が秘密裡に通報できる仕組みとして、社内通報制度を導入し、社内通報窓口を設置しています。本制度は、当社およびグループ会社の役員、従業員、パート・アルバイト、派遣社員など、日立物流グループにつとめるすべてのひとが利用できます。日立物流グループでは、通報者の個人情報を保護するとともに、通報の秘密守秘、また、通報したことを理由に一切の不利益な取り扱いを禁止し、通報者等の保護を徹底しています。