ページの本文へ

Hitachi

日立物流

CSRマネジメント

CSR・環境メインビジュアル

CSRマネジメント

日立物流グループは、人と自然を大切にし、公正な事業活動を通じて、全てのステークホルダーの価値をともに高め、豊かな社会へ貢献していくことを基本理念としています。

日立物流グループのCSR推進の基本方針

持続可能な社会の実現に向けて、CSRと経営との融合を促進していくために、CSR推進の基本方針に沿った活動をしています。

日立物流グループCSR推進基本方針 認識:社会および環境の課題や期待を的確に認識する 活動:取り組むべき課題を特定し、活動の優先順位を決めて実行する 確認と改善:情報開示とステークホルダーとの対話を通じてCSR活動の確認と改善を行う

 
               

社会的責任の認識:マテリアリティの特定

外部有識者の意見を取り入れながら、社会および環境の課題や期待の把握・優先順位付け*を行い、CSR推進委員や経営層による妥当性の評価・検証および執行役会での承認を経て、2017年にマテリアリティを特定しました。特定したマテリアリティを当社グループが果たすべき社会的責任として認識した上で、社会課題解決に向けた実効性あるCSR活動を推進していきます。
*国際的な共通基準であるGRI(Global Reporting Initiative)ガイドラインやISO26000、グローバル・コンパクト、SDGsなどを参照しました。

マテリアリティ(重要課題)

社会(Social)
  • ・安心・安全な労働環境(労働安全衛生)     
  • ・サプライチェーンでの社会・環境配慮(CSR調達)  
  • ・新技術(イノベーション、先進的テクノロジーの開発・活用)     
  • ・ダイバーシティと人財育成     
  • ・雇用創出(コミュニティにおける雇用促進)     
  • ・従業員との対話(労使関係、団体交渉)     
  • ・人権の尊重(グローバル人権課題への対応)     
  • ・品質と安全(サービスの品質と安全性)     
  • ・環境・社会に配慮した物流サービス
    環境(Environment)
    • ・カーボン(低炭素)      
      • ・環境汚染の防止     
        • ・再生可能エネルギー(クリーンエネルギーの活用)
          ガバナンス(Governance)
          • ・コンプライアンス、ガバナンス 
          • ・BCP<気候変動への適応含む>     
            • ・情報開示(事業の透明性)

マテリアリティ

                

企業活動:CSR注力分野の策定

マテリアリティに基づき、優先的に取り組むべき活動分野としてCSR注力分野を策定しました。
2018年度は、具体的な活動テーマと評価指標(KPI)を設定し、PDCAサイクルの基盤づくりを図っていきます。

CSR注力分野

持続可能な社会の実現に向け、 サプライチェーンの革新を牽引していくため4つの分野に注力していきます

社会や産業の基盤であるサプライチェーンを、ロジスティクスとその周辺事業を通じて支えていきます。
社会の期待や時代の要請に応え、サプライチェーンのさまざまな社会・環境課題への取り組みを積極的にリードしていくことで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

CSR注力分野:持続可能な社会の実現に向け、サプライチェーンの革新を牽引していくため4つの分野に注力していきます。
注力分野1、次世代の産業やくらしの追求 注力分野2、労働安全と生産性の向上 注力分野3、高い品質とレジリエンスの強化 注力分野4、低炭素な事業プロセスの実現

日立物流グループは、2030年に向けた国際社会の共通目標である「持続可能な開発目標(SDGs)*」への取り組みの重要性を深く認識しています。
SDGsの17目標のうち、私たちのCSR注力分野と特に関連性の深い目標は以下の8つです。注力分野への取り組みの強化を通じて、様々なステークホルダーとともに、SDGsの達成にも貢献していきます。

SDGs持続可能な開発目標の17目標のうち、CSR注力分野と特に関連性の深い目標は、次の8つです。目標5、ジェンダー平等を実現しよう。目標7、エネルギーをみんなにそしてクリーンに。目標8、働きがいも経済成長も。目標9、産業と技術革新の基盤をつくろう。目標11、住み続けられるまちづくりを。目標12、つくる責任つかう責任。目標13、気候変動に具体的な対策を。目標17、パートナーシップで目標を達成しよう

*SDGs
2015年9月開催の持続可能な開発サミットにおいて国連加盟国193ヵ国の全会一致で採択。主な特徴は、途上国だけではなく先進国も対象とした普遍性(Universality)。
「誰も置き去りにしない(Leave no one behind)」をスローガンとして掲げる。

競争力の源泉(コンピタンス)

CSR注力分野の取り組み推進に向けては、私たちの3つのコンピタンスである 「先進テクノロジー」「人財・組織・グローバルネットワーク」「オープンイノベーション」を強化していくことが不可欠であると認識しています。3つのコンピタンスは互いに深く関係しており、それぞれの強化が相乗効果を生み、4つのCSR注力分野への取り組みを推進していきます。

3つのコンピタンス 先進テクノロジー、人財・組織・グローバルネットワーク、オープンイノベーション。

CSR活動の確認と改善:情報開示とコミュニケーション

CSR注力分野に基づく情報開示とステークホルダーとの対話を通じて、CSR活動の確認と改善につなげていきます。