ページの本文へ

Hitachi

日立物流

環境

環境分野における日立物流グループのマテリアリティ(重要課題)

① カーボン(低炭素)
② 環境汚染の防止
③ 再生可能エネルギー

環境方針

次の四つの方針に基き、「環境に配慮した事業活動」を推進します。

また、地球温暖化対策については、グリーンロジスティクス(注1)を強化し、協力会社とも一体となって取り組んでいきます。

注1)グリーンロジスティクス:地球温暖化防止へ貢献する環境配慮型物流を意味し、主に以下により環境対策を推進するものであり、当社グループの事業コンセプトであるスマートロジスティクスの一環として展開しています。

① 共同物流の推進
② モーダルシフトの拡充
③ エコカーの導入とエコドライブの推進
④ 環境配慮型物流センターの建設・運営
⑤ 資源循環の推進

1.事業所で発生する環境負荷の削減

電気、ガソリン、LPガス等の消費抑制、廃棄物の再資源化等

2.環境負荷の小さい物流・サービスの提供

CO2削減、資源循環による顧客への貢献

3.環境意識と環境管理のレベル向上

グローバルな環境意識向上と関連法規、会社規則の遵守

4.自然との共生と環境コミュニケーション促進

生物多様性・生態系保全と顧客・地域との環境協調

2018年度 行動計画と目標[国内]

「ESG」(環境・社会・ガバナンス)を意識した全社環境活動を推進します。

環境行動計画

注1) 目標値は、日立物流グループ連結ベースです。
注2) 再資源化率=(再使用量+再生利用量+熱回収量)/総排出量
注3) グリーン購入率:e-sourcing MALL(電子購買システム)にて購入した事務用品の内、エコ製品の比率。
注4) 最新型エコカーの種類:天然ガス車、ハイブリッド車、電気自動車、LPG車(併用車含む)、国が認定している「低燃費車(H27年度燃費基準達成車)」「低排出ガス車(H17年度規制車)」、「ポスト新長期規制適合車(H28年度規制車)」、燃料電池車、バイオ燃料車。
※海外の行動計画と目標は、国内に準じた対応可能な活動とし、各国法令を遵守する。

2017年度 環境活動報告

環境行動実績
※対象範囲:(株)日立物流及び国内連結グループ会社(21社)。

環境活動実績報告

注1) 日立物流グループ連結ベースの目標値と実績を記載。
注2)社外表彰案件
  ①第18回物流環境大賞「物流環境負荷軽減技術開発賞」(一般社団法人日本物流団体連合会主催)
   件名:「再生資源廃棄物輸送のモーダルシフトの取り組み」
  ②第4回モーダルシフト取り組み優良事業者賞「新規開拓部門」(一般社団法人日本物流団体連合会主催)
   件名:「精密機器(金融端末)の鉄道長距離モーダルシフト」
  ③2017日本パッケージングコンテスト「適正包装賞」(公益社団法人日本包装技術協会主催)
注3) 再資源化率=(再使用量+再生利用量+熱回収量)/総排出量
注4) 水使用量原単位(水使用量/床面積) ※総量から原単位に変更。
注5) グリーン購入率:e-sourcing MALL(電子購買システム)にて購入した事務用品の内、エコ製品の比率。
注6) 最新型エコカーの種類:天然ガス車、ハイブリッド車、電気自動車、LPG車(併用車を含む)、国が認定している「低燃費車(H22年度燃費基準達成車)」「低排出ガス車(H17年度規制車)」、「ポスト新長期規制適合車(H21年度規制車)」、燃料電池車、バイオ燃料使用車。

サプライチェーン排出量算定

サプライチェーン排出量(2016年度)

サプライチェーン排出量算定

サプライチェーン排出量算定

環境活動内容