ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2017年6月6日

第18回物流環境大賞において「物流環境負荷軽減技術開発賞」受賞

 株式会社日立物流は、このたび一般社団法人 日本物流団体連合会主催の第18回物流環境大賞において、当社の「再生資源廃棄物輸送のモーダルシフトの取り組み」が評価され、「物流環境負荷軽減技術開発賞」を受賞しましたので、お知らせします。

 物流環境大賞は、物流部門における環境保全の推進や環境意識の高揚等を図り、物流の健全な発展に貢献した団体・企業または個人を表彰する目的で創設されたものです。

 当社は、ニーズが高まっている再生資源物の大量かつ効率的な輸送サービスについて、関東地区から北海道および九州向けの再生資源物輸送を、独自に開発したコンテナも活用しながら、海上輸送によるモーダルシフトを実現しました。独自に開発した40ft 専用コンテナはオープントップ仕様となっており、再生資源物を上から積み込み、観音扉から一斉に排出できる仕組みとなっているため、効率的な荷扱いと輸送を可能にしております。なお、モーダルシフトの取り組みによりCO2が51.7%削減されました。
 今回の受賞は、このような取り組みが物流分野において、環境負荷軽減に資する先駆的な技術開発であると評価されたものです。

 当社グループは、今後も人と地球の未来のために、環境管理のレベル向上を推進し、さまざまな取り組みを通してグループが一体となった環境改善活動を推進してまいります。

▲独自開発のオープントップコンテナ
          ▲独自開発のオープントップコンテナ

▲モーダルシフト切り替えによるCO2削減効果(今般実施した3案件の合算値)
          ▲モーダルシフト切り替えによるCO2削減効果
            (今般実施した3案件の合算値)


【ご参考:関連WEBサイト】
■一般社団法人 日本物流団体連合会 物流環境大賞

■当社 環境への取り組み

以上

【お問い合わせ先】

<担 当 窓 口> ㈱日立物流 PM推進本部 グリーンロジスティクス推進部 TEL:03-5634-0322
<本リリース内容> ㈱日立物流 経営戦略本部 広報部       TEL:03-5634-0357

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。