ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2017年3月8日

道路を走る高速鉄道車両「見学プロジェクト」への協力
~ものづくりのまち 下松から 鉄道発祥の地 英国へ~

 当社は、3月5日、下松市主催の英国都市間高速鉄道計画(Intercity Express Programme /以下、IEP)向け車両陸送見学プロジェクトに協力いたしました。当プロジェクト(見学会)は、通常、交通量の少ない夜間に行われているIEP向け車両の陸上輸送(陸送)を、日中に実施し、多くの方に「ものづくりのまち下松」であることを知っていただくことを目的に開催されたものです。

 当日は、㈱日立製作所 笠戸事業所(山口県下松市)を14:00に出発し、徳山下松港第二埠頭までの片道・約4kmを陸送しました。観覧メインエリアである下松市市民運動場には、多数の見学者が集まり、間近で迫力ある車両を見た見学者からは驚きの声が上がったほか、車両を背景にした記念写真や動画を撮影される姿が見られました。

 当社グループは、今後も地域コミュニティーをはじめ、多様なステークホルダーとのコミュニケーションを通じて、豊かな社会づくりに貢献してまいります。

当社トレーラによる陸送
△当社トレーラによる陸送

輸送風景
△輸送風景

見学会の概要

開催日 2017年3月5日
観覧エリア 下松市市民運動場周辺
輸送ルート 出発 : ㈱日立製作所 笠戸事務所(山口県下松市)
終着 : 徳山下松港第二埠頭(山口県下松市)
   ※片道・約4km(国道188号 → 県道366号徳山下松線 → 臨港道路)                
主催 下松市
協力 下松警察署、㈱日立製作所 笠戸事務所、㈱日立物流 ほか

以上

【お問い合わせ先】

㈱日立物流 経営戦略本部 広報部   TEL:03-5634-0357

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。