ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2016年12月26日

茨城県内に土浦2期物流センターを開設
~新技術を導入し、GDP・BCPにも対応した次世代省人化センターの開設~

 株式会社日立物流は、2016年12月23日に「土浦2期物流センター(茨城県かすみがうら市)」の竣工式を実施し、2017年1月下旬より稼働いたしますので、お知らせします。

 土浦物流センター(1期)は、1995年に開設し、メディカル関連や建設機械等の保管・配送拠点として運営しておりますが、今般、メディカル関連のお客様の事業拡大に伴って、新たにGood Distribution Practice(GDP※1)に対応した物流センター(2期)を開設するものです。
 当センターは、全館空調設備(一部保冷庫)による温度管理、セキュリティー管理、ドックシェルター設置等、GDPに対応した仕様であるとともに、自家発電設備を設置するなどBCPの観点においても対応しております。

 また、当センターでは、次世代センター構想の実現に向けた様々なスマートロジスティクスの新技術の実装により、省人化・省力化・見える化を実現してまいります。

 当社グループは、今後も高度化・多様化・広範化するお客様の物流ニーズにお応えするべく、さらなる技術革新でロジスティクスのスマート化に挑戦し、最も選ばれるソリューションプロバイダをめざします。
 ※1 GDP:輸送・保管中にも劣化しないように厳密な品質管理の確保を目的とした「医薬品の適正流通基準」

物流センターの概要

名称 土浦2期物流センター
所在地 茨城県かすみがうら市下稲吉2644-1
[アクセス]常磐自動車道:千代田石岡ICより約5km、土浦北ICより約5km
建屋仕様 地上2階建 鉄骨造
敷地面積/延床面積 敷地面積(既存棟+新棟合計):約25,500㎡ / 延床面積(新棟のみ):約11,200㎡
主要設備 *空調設備 *保冷庫 *危険物倉庫 *垂直搬送機1基 *貨物用EV1基
*セキュリティー管理(静脈認証他) *発電機
*ドックシェルター6ヶ所  *ペストコントロール
導入ツール(一部) *小型・低床式無人搬送車「Racrew」※2
*無人搬送車 *スマート物流コックピット関連ツール 他
稼働予定時期 2017年1月下旬 (2017年4月から本格稼働予定)
物流センター外観 物流センター概観
※2「Racrew」は(株)日立製作所の日本国内の登録商標です。

【お問い合わせ先】

<営 業 窓 口> ㈱日立物流 営業開発本部 サプライチェーン・ソリューション2部 TEL:03-5634-0316
<本リリース内容> ㈱日立物流 経営戦略本部 広報部          TEL:03-5634-0357

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。