ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2009年10月30日

株式会社コーセーの物流業務を一括受託
- 化粧品業界向け物流プラットフォーム事業の拡大-

株式会社日立物流(代表執行役社長:鈴木登夫)は、企業の物流業務を一括受託し、企業ごとに最適な物流システムを構築する「システム物流(3PL:企業物流の包括的受託)」を幅広い業種のお客様に提供しておりますが、このたび、化粧品業界大手である株式会社コーセー(代表取締役社長:小林 一俊、以下「コーセー」)の物流業務を一括受託することで基本合意いたしました。
コーセーは、かねてより事業構造改革の一環として物流改革を検討しており、当社の3PL運営力と実績、物流改革提案力が評価を受け、当社への物流業務のアウトソーシングを決定されたものです。
今後は、物流システム設計を含めた準備作業を進め、2010年度下期から作業を開始する予定です。
運営に当たっては、当社及び日立物流コラボネクスト株式会社の化粧品業界向け既存施設と配送網を有効活用し、物流の効率化を図ってまいります。また、これを契機として化粧品業界向けプラットフォーム事業を更に拡大し、お客様に対する物流コスト削減と物流サービスレベルの向上に繋げてまいります。
今後も、当社はシステム物流を展開する中で培ってきた業界毎のノウハウ、3PL運営力をベースに、「業界プラットフォーム事業」を更に加速し、お客様の物流最適化ニーズにお応えしてまいります。

以上

写真
中央:(株)コーセー 小林社長、右側:当社 鈴木社長、左側:日立物流コラボネクスト(株) 海野社長