ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2009年10月5日

川崎地区に物流センターを開設
- チルド物流に特化し、24時間稼動にも対応『川崎物流センター』-

株式会社日立物流(執行役社長:鈴木 登夫)は、企業の物流業務を一括受託し、企業ごとに最適な物流システムを構築する「システム物流(3PL:企業物流の包括的な受託)」を幅広い業種のお客様に提供しておりますが、このたび、首都圏における3PL事業の更なる拡大を実現するために、神奈川県川崎市に『川崎物流センター』を開設いたしました。
当センターは大消費地である首都圏という優れた立地条件に加え、各種の冷凍・冷蔵設備を導入し、24時間稼動を前提としたセンター運営を計画しております。また、主なお客様である加工食品分野の物流ニーズに対応することで、当社におけるチルド物流の拡大を図る役割も担っています。
当社は、今後もシステム物流事業を展開する中で培ってきた豊富なノウハウ、情報システム構築力をベースに、お客様の事業戦略に最適なロジスティクスを提供し、更なるサービスレベルの向上に取り組んでまいります。

物流センターの概要は以下のとおりです。

センター概要

名称 株式会社日立物流 川崎物流センター
※(株)ゼロより川崎複合物流センターを賃借
所在地 神奈川県川崎市川崎区東扇島22-8
<アクセス>首都高速湾岸線東扇島出口より約1.5Km
建屋仕様 プレキャストコンクリート造一部鉄骨造、地上4階建
延床面積 冷 蔵:約 7,500平方メートル
冷 凍:約 3,000平方メートル
事務所:約 1,000平方メートル
合 計:約11,500平方メートル(当社は全体約19,000平方メートルの内、左記面積を使用)
荷役機器等
  • 垂直搬送機 1.5t × 3基
  • 荷物用EV 3.65t × 3基
  • 乗用EV 13人乗 × 1基
主な顧客 加工食品メーカー
稼働時期 2009年10月
物流センター外観 物流センター概観

以上