ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2009年1月14日

東京湾岸地区に大型物流センターを開設
- 立地条件に優れた新拠点 『京浜物流センター』-

株式会社日立物流(執行役社長:鈴木登夫)は、企業の物流業務を一括受託し、企業ごとに最適な物流システムを構築する「システム物流サービス」(3PL)を幅広い業種のお客様に提供しておりますが、このたび、京浜地区における3PL事業及び情報・通信ソリューションサービス(SB事業(※))の更なる拡大を実現するために、東京都大田区にセキュリティを重視した『京浜物流センター』を開設し、新年より本格稼働いたしました。 当センターは、都心近隣への配送に対応可能な中継拠点として最適な立地条件を備え、東京港、羽田空港、JR貨物ターミナルなどに隣接し、陸・海・空それぞれに抜群のアクセスを誇る地理的優位性を充分に活かせる物流センターとなっております。 当センターのメリットを最大限に活用し、当社がシステム物流事業を展開する中で培ってきた豊富なノウハウ、情報システム構築力をベースに、お客様ごとに最適で高品質な物流サービスを提供し、更なるサービスレベルの向上に取り組んでまいります。

情報・通信ソリューションサービス(SB事業) :(Solution Business for Inteligent Device)の略で、従来の物流作業(保管・配送)に絡めて、情報・通信機器において必要とされる設定や動作確認等の付帯作業を一括で行うサービス。

物流センターの概要は以下のとおりです。

センター概要

名称 株式会社日立物流 京浜物流センター
所在地 東京都大田区平和島5-3-2
<アクセス>
東京モノレール流通センター駅より徒歩約10分
京浜急行線平和島駅より徒歩約10分
建屋仕様 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、地上6階建
敷地面積 約9,800平方メートル (約3,000坪)
延床面積 約29,500平方メートル (約9,000坪)
荷役機器等
  • 垂直搬送機 1.5t × 1基
  • 貨物用エレベータ 3.5t × 3基
  • 乗用エレベータ 13人乗 × 1基
  • 接車バース数 21バース
主な取扱商品 コンピューター機器、医療用機器 他
特徴
  • 全館空調
  • セキュリティ設備完備
稼働時期 2009年1月(本格稼働)
物流センター外観 物流センター外観

以上