ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2007年5月25日

メキシコ モンテレーに物流センターを開設
-北米事業拠点の拡充-

株式会社日立物流は、企業の物流業務を一括受注するシステム物流(3PL)事業のグローバル展開を進めておりますが、このたび、北米地域におけるシステム物流事業の強化・拡大を図るため、メキシコ北部のモンテレーに物流センターを開設しました。
当社は、アメリカ・メキシコ国境間において、通関・保管・輸送の総合サービス(「ボーダー物流サービス」)を積極展開しており、北米西海岸地区での家電品に加え、北米中西部地区での自動車関連物流も強化しております。北米中西部地区における拠点開設は、2005年から展開してきたシンシナティ、ラレドの拠点に続くものです。VMI倉庫(注1)運営、JIT配送(注2)サービスの提供を通じて、将来的にはカナダ・アメリカ・メキシコの3国間を結ぶ自動車関連物流を目指してまいります。
当社がシステム物流事業を展開する中で培ってきた豊富なノウハウは、お客様のグローバル展開に対応した効率的なサプライチェーンマネジメント(SCM)構築に寄与できるものと確信しております。なお、当センターは、物流施設専門の不動産開発会社プロロジスより賃借するものです。

(注1)VMI倉庫:ベンダー主導型在庫管理倉庫。部品等の在庫管理やメーカー向け供給。
(注2)JIT配送:ジャストインタイム配送。必要時に必要な分を配送。

センター概要

名称 Hitachi Transport System (America), Ltd. / 日立物流(アメリカ)
モンテレー物流センター
所在地 Carr. Miguel Aleman Apodaca, NL Mexico
メキシコ アポダカ工業地帯内
延床面積 約8,200平方メートル (約88,000平方フィート)
主な取扱商品 自動車部品 他
稼働時期 2007年6月稼働予定

写真

以上