ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2006年4月26日

ISMS認証取得範囲を拡大

株式会社日立物流(執行役社長:山本博巳)は、2005年12月に取得した情報セキュリティマネジメントシステム(以下、ISMS)認証の適用範囲を拡大しました。
これまでの適用範囲は「システム物流(3PL)事業における営業・開発、医療・医薬品および農薬業界向け物流センターの運用」でしたが、それに加え「通信販売業界およびドキュメント保管業務を対象とした物流センター運営」にも認証が適用されます。
今後は取得済みISMS認証の国際規格化(ISO27001)への移行に対応し、継続的な運用と他分野での認証取得範囲の拡大を推進することで、情報セキュリティ面でもお客様に信頼されるサービスを提供していきます。

ISMS認証取得概要

認証規格
  • BS7799-2:2002
    (英国規格協会による情報システムセキュリティマネジメントシステムの規格)
  • ISMS認証基準 Ver2.0
    (財団法人日本情報処理開発協会によるISMS適合性評価制度)
登録事業者 株式会社日立物流
登録範囲 (初回登録)2005年12月22日
  • システム物流(3PL)事業における営業・開発
  • 医療・医薬品および農薬業界向け物流センターの運用
(追加登録)2006年3月30日
  • システム物流(3PL)事業における設計
  • 通信販売業界、およびドキュメント保管業務を対象とした物流センター運営
審査登録機関 株式会社日本情報セキュリティ認証機構(JACO-IS)
登録認定機関
  • The United Kingdom Accreditation Service(UKAS)
    ・・・BS7799-2:2002
  • 財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)・・・ISMS認証基準 Ver2.0

以上