ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2005年9月13日

10月1日付機構改革について

株式会社日立物流 (執行役社長:山本博巳)は、来る10月1日付で「輸送改革推進本部」、「情報セキュリティ本部」、「郵政推進部」の3つの組織を新設し、事業基盤の更なる強化とシステム物流(3PL)事業の拡大を図ってまいります。

  1. 「輸送改革推進本部」の新設
    協力会社も含めたグループ全体で、物流事業の根幹をなす輸送力強化を推進する部署として「輸送改革推進本部」を新設します。
    配車、運行、安全に関する指導・管理能力向上への取り組みなど、CSR (企業の社会的責任)の観点も含む様々な角度から輸送力強化に向けた仕組みづくりを行い、より一層の輸送品質向上を推進していきます。
  2. 「情報セキュリティ本部」の新設
    企業として保護すべき全情報資産のセキュリティマネジメントを全体統括する部署として「情報セキュリティ本部」を新設します。
    ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)・プライバシーマークの認証取得と運用、従業員の啓発などにより情報セキュリティ基盤を確立し、顧客機密情報を取り扱うドキュメント保管など3PLセキュリティビジネスの拡大につなげていきます。
  3. 「郵政推進部」の新設
    日本郵政公社との共同営業専任部署として「郵政推進部」を新設します。
    当社の3PLノウハウと日本郵政公社の"ゆうパック"を組み合わせたトータル物流サービスで更なる受注拡大を目指していきます。

以上