ページの本文へ

Hitachi

日立物流

2004年4月8日

業界プラットフォーム事業を本格展開へ
-トイレタリー業界向け共同物流拠点の開設-

当社はロジスティクス・ソリューション・プロバイダー(3PL企業)として、多くのお客様の物流業務を受託しておりますが、この度、トイレタリー業界を対象とした『業界プラットフォーム事業』を本格展開することを決定しました。
当事業は、同一業界のお客様に対し共同保管・共同配送等の共同物流をご提案し、物流サービスレベルの向上、物流コストの低減等を実現するものです。当社では、既に東北地区においてトイレタリー業界のお客様を対象とした共同配送を試験的に実施しておりますが、この度、全国展開に向けた第2ステップとして、東日本地域をカバーする中核物流拠点を埼玉県加須市に設けることとしました。
当社がシステム物流(3PL)事業を展開する中で培ってきた豊富なノウハウ、情報システム構築力をベースに、より合理的な物流センター運営・輸配送システムを実現し、お客様の事業拡大に寄与できるものと確信しております。
なお、当物流センターは、当社が直接投資し建設するものではなく、物流施設専門の不動産開発会社プロロジス(日本本社:東京都港区東新橋)が建設し、同社より一定期間賃借するものです。

物流センター概要

所在地 埼玉県加須市南篠塚1-5
<交通アクセス>
東北自動車道 加須ICから約1.5Km
建屋仕様 鉄骨造4階建
敷地面積 約38,000平方メートル (約11,500坪)
延床面積 約58,000平方メートル (約17,500坪)
着工時期 2004年6月(予定)
完成時期 2005年3月(予定)
稼働時期 2005年4月(予定)
取扱商品 シャンプー・化粧品等のトイレタリー製品
特徴
  • 共同保管(危険物保管機能あり)、流通加工、返品、共同配送など
  • トラックバース75台
外観
(完成予想図)
センター外観画像

以上