ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立物流九州

3PL/システム物流

3PL/システム物流メインビジュアル

日立物流グループとして培った豊富な経験を基に、日立物流九州では物流パートナーとして、お客さまの物流業務を包括的に受託(3PL)することで、安全・迅速・効率的な物流システムを構築し、サービス水準と物流効率の向上を可能にします。お客さまは、物流業務のアウトソーシングによりトータル物流コストを低減し、お客さまのコア事業の拡大を支援します。

先進のIT活用で受発注や在庫状況などを可視化し、お客さまと共に高品質・高効率な運営をめざします。第一人者ならではの豊富なノウハウとコンサルティング力、各種インフラ、最新テクノロジーを駆使し、お客さまに最適なシステム物流をご提供します。

3PLのメリット

サードパーティによるシステム物流を導入することは、お客さまの大切な経営資源をコア事業に集中し、経営効率の向上につながります。日立物流グループは、お客さまから包括的に受託する物流業務に対し最適ソリューションをご提供することで、資材調達から生産、販売、リサイクルに至る、一連の企業活動における物流の合理化と顧客満足向上を実現します。

物流管理システム(WMS)の導入による見える化、作業品質の向上、トータルコストの効率化、コンプライアンス強化などを通じて、お客さまの顧客体験価値や競争力を高め、コア事業の発展をサポートします。

3PLのメリット

お客さまの具体的メリット

物流コスト最適化

物流コスト最適化

専門家による物流改善により、作業品質と生産性が向上し、物流コストの圧縮や見える化、変動費化が図れます。

顧客サービスの向上

顧客サービスの向上

納品リードタイムの短縮、多品種小ロットや多頻度納入、24時間365日体制の対応などを通じて、お客さまの顧客満足度向上をお手伝いします。

コア事業に特化

コア事業に特化

お客さまは、大切な経営資源をコアビジネスに集中させることができ、業務のさらなる効率化やビジネス拡大の推進につながります。