ページの本文へ

Hitachi

日立物流

IRポリシー

基本方針

当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値向上のためには、公正で、透明性の高い情報の適時、適切な開示を行い、株主・投資家の皆様との積極的な対話が必要であると認識しており、IR体制の整備と株主・投資家の皆様とのコミュニケーションの充実を図っています。

情報開示基準

当社は、法令や当社が上場している金融商品取引所が定める規則および情報の管理・開示に関する社内規則等に基づき、当社およびグループ会社等に関する開示すべき重要情報を適切に管理し、開示内容の正確性を確保しつつ、公正で、透明性の高い情報の開示を適時、適切に行います。
また、法令や開示に関する規則等に定められた情報の開示だけでなく、当社の経営方針や事業内容に対する株主・投資家の皆様の理解を深めるために有用であると当社が判断した情報についても、積極的に開示します。

情報開示方法

当社は、法令や開示に関する規則等において要求される開示情報については、それぞれ適切な方法で開示を行うとともに、開示後、速やかに当社Webサイトにその内容を掲載します。また、それ以外の情報については、ニュースリリースの配信や記者会見および説明会の実施、当社Webサイトへの資料掲載等、適時、適切、正確な方法を用いて情報の開示を行うことにより、広く社外への情報発信を実施しています。

対話に対する姿勢

株主・投資家の皆様との対話(面談)はIR担当の経営戦略本部広報部が担い、取締役及び経営陣幹部(執行役)の同席を希望する場合は、関心内容や日程等を踏まえ、必要に応じ取締役及び経営陣幹部(執行役)が面談に臨んでいます。

建設的な対話を促進するための体制整備・取り組みに関する方針

体制としてはIR部門に加え、コーポレート部門・各事業部門と連携し、株主・投資家の皆様との建設的対話に努めています。具体的には、経営戦略本部長が統括し、IR担当部門、経理・財務部門、総務・法務部門、各事業部門等と連携をとった対応をしております。また、各種社内会議へのIR担当の参加を通じ、社内情報を共有するなど、株主・投資家の皆様との建設的な対話促進に活かしています。

対話の手段

個別面談以外では、通期・第2四半期に決算説明会を開催し、第1四半期・第3四半期に電話会議・スモールミーティングを開催しています。また、証券会社主催のスモールミーティングにも参加しています。

IR活動状況の取締役及び経営陣幹部(執行役)へのフィードバック

株主・投資家の皆様との対話内容は、取締役及び経営陣幹部(執行役)に対し適時、適切に報告しています。

IRインサイダー取引の防止

当社は、情報の管理・開示に関する社内規則等を制定し、証券取引に関する法令に定める内部者取引(インサイダー取引)の防止に努めています。

沈黙期間

当社は、決算発表準備期間中における情報漏洩を防止し、開示の公正性を保つため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とし、業績およびそれに付随する内容に関するお問合わせへの対応は控えています。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、法令や開示に関する規則に従い適宜公表することとしています。

社内体制

社内体制