ページの本文へ

Hitachi

日立物流

[中東向け]モノレール車両の輸送

中東初のモノレールがドバイで導入された際、日本から現地への車両運搬を担当したのは日立物流です。豊富な経験と高度な技術をもって過酷な現場環境に的確に対応し、工期通りに輸送プロジェクトを完了することができました。現地での組み立て作業において、当社の特許工法が成功を支えた一面をご紹介します。

事例の詳細

ポイント
  • 仮桁モノレール工法(当社特許)を採用
  • 地上に設置した仮桁上で組み立て作業を実施
  • 本来は高所作業となる組み立てを地上で行ったことにより、安全性が大幅に向上

仮桁モノレール車両搬入工法

仮桁モノレール車両搬入工法

この仮桁モノレール車両搬入工法は当社の特許工法です。

仮桁上でのモノレール組立作業

仮桁上でのモノレール組立作業

当初、地上17mの高所で計画されていたモノレール組み立て作業を地上に設置した仮桁上で行い、作業の安全性を向上させました。

仮桁を使用した一体型モノレールの吊上作業

仮桁を使用した一体型モノレールの吊上作業

仮桁上で車体と台車を一体化させた後、本線桁上へのモノレールを吊上げを実施しました。