ページの本文へ

Hitachi

日立物流

重量機工とは

日立物流の重量機工の特長

各種プラント用機械・設備や鉄道車両等の超重量物から、精密機器、医療機器、工作機械まで。どれも大型品でありながら、繊細な取り扱いを必要とします。1950年の創業期より大型発電設備の輸送を手がけてきた日立物流は、長年培った高い専門技術とノウハウで最新鋭の特殊機材を駆使し、多種多様な重量品を安全確実に輸送、移設いたします。また、フォワーディング部門も有する当社だからこそ、海外プロジェクトも終始一貫してスムーズに対応します。

当社ではプロジェクト計画段階より参画し、設計や施工における技術的な検討へのノウハウ提供や、作業改善についての提案なども行っています。お客さまさまと一体となり、安全で高品質な輸送据付を実行するとともに、トータルコストの低減(TCM/Total Cost Minimization)を追求します。

  1. 輸送から据付までの一貫受注により、プロジェクト管理コストや施工コストを低減します。
  2. 創業以来培ってきたエンジニアリング力を活用し、高い安全性と確かな品質を提供します。
  3. ローカルスタッフやパートナーとも綿密に連携する万全のグローバル体制で、ワールドワイドに対応します。
日立グループにしかできない高品質な重量機工

さらに保守パーツなど、輸送する重量物周辺の物流もお任せいただけます。3PLのエキスパートとして蓄積してきた物流システムの開発、運営のノウハウを基に、戦略策定から継続的な改善までお客さまのSCMに高付加価値を提供します。

重量機工の3つのポイント

POINT1

国内外の豊富なプロジェクト実績

電力プラント、化学プラント、鉄道車両等、日立物流には数多くの大型機器、特殊貨物輸送のノウハウが蓄積されています。

POINT2

エンジニアリング力と輸送力

長年培った豊富な実績に新たな改善を反映させ、お客さまの要求に応じた合理的、効率的な作業の設計・計画を提案します。
フォワーディング部門と一体となって、工期全体の短縮と管理工数低減で総コスト圧縮に貢献します。

POINT3

グローバルネットワーク

国内はもとより世界に広がるネットワークでお客さまのプロジェクトをトータルコーディネート。また、現場経験豊富なスタッフとエンジニアリング専門チームによる安全・確実な輸送計画を提案します。

日立物流の重量機工の歴史

日立物流の重量機工の歴史

当社の重量機工事業のはじまりは、1950年の創業期にまでさかのぼります。
とりわけ日本の発展の原動力となった電源開発との関係は深く、火力、水力、原子力といった社会インフラ整備の中で一貫して重要な役割を果たしてきました。
発電設備関連の輸送は日立物流の重量機工事業の歴史でもあります。超大型品でありながら、精密機械に匹敵する配慮も必要な発電設備の輸送は、当社の今日の輸送技術の基盤となっています。

日立物流の重量機工の歴史

日立物流の重量機工の歴史

日立物流の重量機工の歴史

英国鉄道車両輸送 - 鉄道発祥の地へ

英国鉄道車両輸送 - 鉄道発祥の地へ

老朽化した都市間高速鉄道をリニューアルする英国の国家プロジェクト。2012年に日立製作所が正式受注に成功し、まさに現在進行中です。日立グループが、欧州域内での車両部品の調達、日本での車両組立、英国へ完成車・半完成車含めて866両の納入を行っています。
日立グループの総力を挙げたこの大規模プロジェクトに、日立物流は専任チームを配置し、詳細な輸送計画の立案から参画しています。また、国内外の関連自治体、船会社等多くの関係者と協力し、安全性を最重視したなかでの輸送の最適化に取り組み、2015年、笠戸工場(山口県)から英国へ初回納入分の車両輸送を成功裏に行いました。
今後も2018年の現地納品完了まで、順次輸送を行っていきます。

お問い合わせ先

お問い合わせ、お見積りなどお気軽にご相談ください。

お問い合わせ先

営業統括本部 重量機工本部
管理部
Tel:03-6263-2830受付時間:9:00-17:30(土・日・祝日除く)

Webサイトからのお問い合わせは