ページの本文へ

Hitachi

日立物流

販売物流

販売物流メインビジュアル

販売物流の分野では、卸売や店舗などへの流通網における配送のほか、オンラインショップなどEコマースの発展とともに購入者への直送も一般化しています。いずれも、欠品や輸送事故で販売機会を逃したり顧客満足を損なったりすることのないよう、適時適量の高効率な配送を確実に行う一方で、在庫の圧縮を実現することが共通の課題です。

私たち日立物流グループは、これまでの経験で培ったノウハウを元に、保管、配送、情報が一体化したシステム物流を構築し、お客さまの販売チャネルの変化にもスピーディに対応しています。高い専門性と信頼の現場力で、お客さまのビジネスの発展を強力にサポートします。

販売物流の3つのポイント

拠点計画の策定

拠点計画の策定

お客さまの販売計画に合わせた物流拠点の新設、変更、集約を提案します。国内での拠点見直しから、グローバルレベルでの拠点配置まで幅広くサポートが可能です。

システム化による最適化

システム化による最適化

日立物流グループのITシステムを導入することにより在庫の見える化、出荷貨物のトレースなど物流状況をリアルタイムで提供します。

販売面での価値創造への貢献

販売面での価値創造への貢献

最先端テクノロジーを駆使した販売物流を通じて、在庫管理におけるムダの削減や倉庫内作業の効率化・精度向上、迅速で効率的な配送を実現し、お客様と共に新たな価値創造を追求します。

販売物流の詳細

現状の物流体制・コストを徹底的に分析し、将来的な物流計画も考慮して、お客さまと共に全体最適化を実現します。日立物流グループは、重量製品、家電品、電子機械部品から医薬品、衣料品、雑貨、食品にいたるまで、さまざまな業界・製品・温度帯の物流構築に対応可能です。
また、物流サイドからの各種情報を提供することにより、お客さまの販売促進や発注・販売管理をサポートします。

販売物流の詳細

販売物流のサービス提供事例

[日本]チルド食品の物流全体合理化

[日本]チルド食品の物流全体合理化

窓口の一本化、徹底した温度管理体制構築、リアルタイムの見える化推進などにより、チルド食品の販売物流における最適在庫管理と配送品質向上を実現した事例です。

[日本]ドライ食品の配送体制の効率改善

[日本]ドライ食品の配送体制の効率改善 

受注量の波動対応が課題となっていた食品の流通プロセスにおいて、機敏に対応できる高効率な物流スキームを24時間稼働の拠点を中心に再構築。販売物流の品質向上とともに、拠点統廃合によるコストの最適化も実現しました。

[日本] アパレル商品の国内EC拠点運営の最適化

[日本] アパレル商品の国内EC拠点運営の最適化

庫内作業方法の見直しを徹底し、オペレーションの最適化からご提案することで高効率な運営を実現します。

[グローバル]保守パーツの国内拠点運営の最適化

[グローバル]保守パーツの国内拠点運営の最適化 

日本を中心にサービスパーツの拠点を実現することで多くの課題をクリアしました。

お問い合わせ先

お問い合わせ、お見積りなどお気軽にご相談ください。

Webサイトからのお問い合わせは