ページの本文へ

Hitachi

日立物流

[日本]チルド食品の物流全体合理化

窓口の一本化、徹底した温度管理体制構築、リアルタイムの見える化推進などにより、チルド食品の販売物流における最適在庫管理と配送品質向上を実現した事例です。

お客さまの課題

お客さまの悩み1

全体的なSCM改善が困難

倉庫作業は自社運営、配送は自社グループ会社を活用していたが、それぞれ既得権意識が強く、相互の連携が不十分。全体的なSCM改善を困難なものにしていた。

お客さまの悩み2

品質管理の維持

手狭な既存センターは老朽化しており、今後の品質管理の維持に不安を感じていた。

お客さまの悩み3

非効率な現場

倉庫においてはアナログ作業が多く、効率面で改善余地はあるものの、現場主導では改革が進まないでいた。

日立物流が解決!

解決方法1

窓口の一本化による改善

倉庫および配送それぞれの運営を当社の管轄におき、顧客の窓口を一本化。倉庫・配送相互の調整を当社が行うことで、全体的な物流改善を実現できました。

解決方法2

徹底した温度管理

運営拠点を新規で設置。温度管理徹底のため、当社にて拠点全体の運営レイアウトを勘案。さらに拠点内の作業に関し、研修・教育を含め現場の意識づけを実施しました。
こうした多面的な取り組みが、高品質サービスの維持確保につながっています。

解決方法3

リアルタイム在庫の把握

物流情報の一元管理が可能なシステムを導入。入出荷の進捗、リアル在庫情報が把握できる運営体制構築によって見える化が進み、余剰在庫の圧縮などお客さまの収支改善をサポートしています。

日立物流のソリューション

管理運営が難しいチルド食品においても豊富な経験と実績で確かな品質をご提供します。

当社提案内容

倉庫立地・システム化・雇用確保など、お客さまのさまざまなご要望を踏まえた物流ソリューションを提案。

当社提案内容

改善後全体SCMフロー

倉庫運営から配送まで、包括したSCM改善を実施。それぞれの業務を一括して当社管轄におくことで、全体的なSCM改善。

改善後全体SCMフロー