ページの本文へ

Hitachi

日立物流

[日本]機器メーカー工場構内および外部拠点運営の合理化

それぞれに構えた拠点で部材を管理していた2社の調達物流を、事業統合に伴ってスリム化することに成功した事例です。物流スキームを一新する合理化プロジェクトを一貫して請け負い、コストの効率化、在庫管理業務・工場構内物流の最適化を実現しました。

お客さまの課題

お客さまの悩み1

2つの事業会社の統合により、これまで個々に構築していたSCMスキームを見直し、全体最適を図る必要があった。

お客さまの悩み2

それぞれの事業会社が使っていた外部の調達品倉庫を維持するのは、在庫・物流コストの点で非効率。また、構内運営の標準化で効率改善できる余地もあった。

お客さまの悩み3

倉庫の管理に用いられていた情報システム(SAP R/3)は、必ずしもお客さまのオペレーションの実態に沿ったものではなかった。

日立物流が解決!

解決方法1

それぞれの事業会社が調達品管理に使っていた外部倉庫を1拠点に集約。重複在庫の圧縮と、管理工数の低減を実現しました。

解決方法2

工場構内および調達品倉庫での作業に関しては、作業体制・構内でのレイアウト変更・作業方法の変更を実施。作業標準時間(ST)の低減により、運営コストのミニマム化に寄与しました。

解決方法3

倉庫管理および発送管理システムを、弊社の請負のタイミングで新規開発。上位システムとはEDI連携を行い、お客さま側の業務をスムーズに立ち上げました。

日立物流のソリューション

3PL/システム物流の豊富な実績と先端のIT(情報技術)・LT(ロジスティクス技術)によって、お客さまに最適な物流体制をご提供しています。

別々に運用されていた物流スキームの一新

調達品の管理から工場構内での荷受・搬送、完成品の発送業務まで、これまでに別々に構築されていた物流スキームを分析結果に基づき合理的に統合させ、当社にてシステム開発も含め一貫して請負するサービスをご提案。在庫の可視化と圧縮、各種物流コストのスリム化につながっています。

部品センター新設におけるポイント

部品センター新設におけるポイント