ページの本文へ

Hitachi

日立物流

[グローバル]消費財の海外展開サポート・拠点運営事例

海外への事業展開を物流面から強力にサポートしている事例です。海外拠点の最適配置のコンサルティングに始まり、価格競争力のある国際輸送サービスを提供し、グローバルなサプライチェーンの効率運営をお手伝いしています。

お客さまの課題

お客さまの悩み1

倉庫業務のグローバル標準化

急速な海外展開の中で本社がグローバルSCMの管理機能を維持するには、標準化された物流体制の構築が喫緊の課題となっていた。

お客さまの悩み2

事業展開スピードに対応できるグローバルパートナー選定

お客さまが物流パートナーに求められていた条件において、お客さまのグローバル化のスピードに柔軟に対応できることが重要な部分を占めていた。

お客さまの悩み3

合理的な海外物流戦略の策定

新規海外展開に際しての拠点ロケーション選択や拠点運営方法など、最適な物流戦略の策定と合理化提案を求められていた。

日立物流が解決!

解決方法1

海外拠点の安定立ち上げ

管理システム標準化と運営ノウハウの横展開を実施し、現在10ヶ国以上で高品質なサービスを提供中です。各地と一体となって運営体制を構築、本社・現地法人でお客さまとの密接なコミュニケーションを通じ、グローバルロジスティクスパートナーとして信頼関係を各階層で構築しました。

解決方法2

物流戦略策定にスマートロジスティクスのテクノロジーを活用

スマートロジスティクスコンフィギュレーター®(SLC)は、倉庫配置案や倉庫設計値に関する膨大な組み合わせの中から最適スキームを算出します。定量的な根拠に基づく最適プランを短期間で提案することができました。

解決方法3

価格競争力のある国際輸送

日立物流グループの仕入力を活用し、競争力のある国際輸送費用をご提供。コンテナのラウンドユースなどコスト圧縮に努めています。
また、コストレポートのWebでの可視化も実現、お客様にご活用いただいています。

日立物流のソリューション

海外にも広いネットワークを構築している日立物流は、物流拠点運営のノウハウと先端のIT(情報技術)、LT(ロジスティクス技術)を駆使し、グローバルなSCMにおけるお客さまの課題を解決するための適切なソリューションを提供します。

海外拠点の物量動向の見える化と、コスト競争力のあるサービス提供

日立物流グループでは、独自のグローバル物流情報システム「Super HIGLOS」で物流情報の一元化・可視化し、お客さまのグローバルなSCM運営を支援しています。また、豊富な実績に裏打ちされたノウハウや技術力をフル活用して、各拠点運営の合理化・最適化に継続的に取り組むとともに、コストパフォーマンスのよい国際輸送をご提供しています。

設計ノウハウを活用したサプライチェーン・倉庫の最適化

設計ノウハウを活用したサプライチェーン・倉庫の最適化